最新記事

米赤字削減

共和党の財政再建案に隠された階級戦争

共和党の元副大統領候補ライアンの財政再建案は金持ち優遇の格差拡大策

2013年3月13日(水)18時01分
マシュー・イグレシアス

福祉切り捨て ポール・ライアンの財政均衡策で負担が増えるのは中・低所得層 Fahad Shadeed-Reuters

 共和党の副大統領候補だったポール・ライアン下院予算委員長は、ウォールストリート・ジャーナル紙に論説を寄せ、「財政均衡のために重要なのは実行であって、手段の是非ではない」と訴えている。「手段は問わない」と政治家が言うときほど、「手段」に何が隠れているか注意するべきだろう。

 ライアンの財政再建案もまさにそうだ。そのまま実行に移せば財政は均衡するだろう。だがそれは、少数の金持ちの利益を守るために中・低得階層を狙い撃ちにする彼一流のやり方を通じてだ。

 共和党の財政赤字削減案らしく、ライアンの案もまず大減税ありきだ。彼は今の累進税制を10%と25%という2段階の税率に変えようとしている。40万ドル以上の所得があり39.6%の所得税を払っている人には大減税になるが、所得が7万ドルで税率がぎりぎり25%の範囲に留まっている人には増税になる可能性が高い。

 ライアンはミット・ロムニーとともに大統領選挙を戦ったときにも金持ち減税を提案した。だが今回は金持ち減税とは言う代わりに漠然とした税制改革を隠れ蓑にすることで、高所得者への大減税を可能にしようとしている。

 この財政再建案の詳細はまだ不明で、正確な結果は予測しがたい。しかし2012年のブルッキングズ研究所のサミュエル・ブラウン、ウィリアム・ゲール、アダム・ルーニーは、ロムニーとライアンの税制改革は年間所得10万ドル以下のほとんどの世帯で増税になると報告した。ライアンの新たな改革案についてもいずれシンクタンクが検証するだろう。

 富裕層や高所得者への減税、中間層への増税以外に、貧困層への福祉の削減も予想される。メディケイド(低所得者医療保険制度)の拡大なんて夢のまた夢。医療保険法では、連邦政府が定めた貧困ラインの4倍(個人所得4万5960ドル、3人の世帯所得で7万8120ドル)未満の所得しかない人も医療保険に加入できるよう、所得に応じた補助金を出している。だがライアンの案が通ればこの補助金も廃止されるだろう。

 ライアンは「メディケイドについては州に裁量を委ねる」と言うが、つまりこれはメディケイドの受給資格を無効にする裁量を州に与えることを意味する。「住民ごとの必要性に対応するため、州にフードスタンプ(食糧配給)制度に対する裁量を与える」とも言うが、これもつまり州に給付削減の裁量を与えるということだ奨学金も削減されるだろう。

 長い目で見れば、メディケイドなどの支出抑制は重要な問題だ。だが10年以内にそれをやるということは、財政均衡の名の下に、富裕層の税金を減らして、中所得層に増税し、労働者層や貧困層向けの福祉も減らすことに他ならない。今後長期に渡って格差を今より拡大しようとする案だからこそ、ライアンは「手段」について話したがらないのだ。

© 2013, Slate

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で

ワールド

焦点:ロシアに今も溢れるナイキやレゴ、背後にグレー

ビジネス

NY外為市場=ドル/円8週間ぶり高値、米PMI受け

ワールド

イスラエル、ガザ全域で攻勢 45人死亡 ラファ攻撃
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影にジンバブエのリチウム鉱山開発ブーム、現地でいま何が?

  • 4

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 8

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 9

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 10

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中