最新記事

米メディア

全米最悪FOXニュースの偏向ぶり

オバマ批判の急先鋒、右派系ニュース専門局FOXがアメリカを蝕む

2009年10月19日(月)17時29分
ジェイコブ・ワイズバーグ(スレート・グループ編集主幹)

無責任報道 高視聴率を叩き出すFOXニュースの看板司会者ビル・オライリー Lisa Miller-Reuters

 FOXニュースは右派寄りの偏向報道を行っている――10月8日、ホワイトハウスのコミュニケーション責任者アニタ・ダンにそう非難されたとき、FOXはこの種の批判を受けた際のいつもどおりの態度を取った。偏向などしていないと反論する一方で、実際には紛れもない偏向報道を続けたのである。

 FOXのウェブサイトでこのダンの批判に関する記事を読めば、一目瞭然だ。その記事は5人の人物のコメントを引用しているが、そのうちの2人はFOXで働いている人間。5人がそろいもそろって、オバマ政権高官によるFOX批判を事実無根と非難し、あるいは政治的に愚かな行為だと嘲笑している。ダンの主張を支持する人物のコメントは1人も引用していない。まさしく、偏向報道のお手本のような事例だ。

 ウェブサイトだけではない。テレビのFOXニュースにチャンネルを合わせると、いつものキャスターやコメンテーター連中が同じ主張を異口同音に唱えていた。オバマ政権のFOX叩きは批判勢力潰しの陰謀の一環だ、FOX以外の報道機関はすべてオバマ寄りではないか、オバマ政権はFOXを批判する暇があれば国の舵取りに専念せよ......などなど。

「FOX流」がCNNまで侵食

 ジャーナリズムの責務を真剣に考えている報道機関は例外なく、大統領を批判するとき公平な報道をするように細心の注意を払う。それが報道機関の誠実さを問う試金石だと考えている。しかし、FOXは違う。報道が不公平だと苦情を寄せた人間に嘲笑を浴びせ、証拠を見せろと言いつのり、証拠が示されればそれを黙殺する。

 FOXに批判的な左派系のドキュメンタリー映画『アウトフォックスト』(04年)では、FOX上層部が記者たちに共和党寄りの報道をするよう命じていることを示す証拠が紹介されている。

 もっとも、もはや命令するまでもないのかもしれない。メディア王ルパート・マードックがFOXニュースを設立し、歴代共和党大統領のメディアコンサルタントを務めたロジャー・エールズをトップに据えて13年。FOXの職員は本能的に、ニュースを右寄りにねじ曲げるようになっている。

 しかもさらに問題なのは、FOX的なやり方がアメリカのメディアを侵食し始めていることだ。FOXの成功によりイデオロギー的に偏向した報道が視聴率を稼げると分かって、CNNやMSNBCなどのニュース専門ネットワークも似たような番組をつくるようになった。FOXは、アメリカのテレビニュース全体の信頼性を蝕んでしまったのだ。

報道の独立性が死んでしまう

 アメリカの報道機関の特色は、報道の独立性にある。アメリカのジャーナリズムはこの1世紀、特定の政党や団体の意向に沿うのではなく、国民の利益のために報道を行ってきた。報道の自由がある国でも、報道の独立性が保たれている国は多くない。例えばイギリスなどでは、メディアは党派色の強い報道をしている。

 その意味で、FOXの姿勢は極めて「非アメリカ的」だ。そこでFOX上層部は、「公平でバランスの取れた報道」という心にもないキャッチフレーズを方便として打ち出した。意図的に特定の党派に肩入れしていると公然と認めれば、アメリカ人に受け入れられないからだ。しかし、もはやその嘘は隠しようがない。

 FOXとどう接するかはホワイトハウスにとっては政治的損得の問題だが、ジャーナリストにとっては倫理の問題だ。ジャーナリストがFOXの番組に出演すれば、その政治的プロパガンダにお墨付きを与え、まっとうな報道機関の役割を低下させるのに一役買う結果になる。

 良識あるジャーナリスト諸君、FOXに出演するのはもうやめよう。派手なボイコット運動を行って話題をつくれば、FOXの思うつぼだ。ただ黙殺するのがいい。

 私? この記事をきっかけにFOXから出演依頼があっても遠慮させてもらう。

ニュース速報

ビジネス

直ちに補正予算編成を考えているわけではない=麻生財

ビジネス

前場の日経平均は反発し492円高、米株高や反動で

ワールド

北海道・岡山・広島に緊急事態宣言へ、政府変更 専門

ワールド

お知らせ-重複記事を削除します

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 6

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 10

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月