最新記事
健康ライフ

明日から使える10の「健康アプリ」、シニアライフはスマホ1つで楽々管理

THE BEST APPS FOR HEALTH

2024年5月22日(水)18時13分
ニューズウィーク日本版編集部
明日から使える10の「健康アプリ」、シニアライフはスマホ1つあればいい

B-BEE/ISTOCK

<食事や睡眠の改善から、運動やカラオケまで、元気なシニアライフを送るための10のおススメ簡単・健康アプリを一挙ご紹介>

「人生100年時代」。テクノロジーを活用すればシニアの暮らしはもっと豊かになる。加齢に伴う身体機能の低下や生活習慣の改善、余暇の楽しみには日頃から使い慣れたスマートフォンがあれば十分だ。

食事や睡眠の質の改善、脳トレ、服薬など日常の生活を支えて健康寿命を延ばしてくれる注目のアプリは──。

◇ ◇ ◇


あすけん

newsweekjp_20240522021228.png管理栄養士の知見とAIを融合させた食事管理アプリ。日々の食事写真や食品のバーコードを撮り、15万件以上のメニューデータから選んで食事を記録すると、栄養士からの個別アドバイスや、カロリーと各種栄養素14項目の過不足が分かる栄養素グラフがチェックできる。

ユーザー同士が励まし合うダイアリー機能や管理栄養士からの応援メールなど、食生活の改善を続けやすくなるような仕掛けも多様だ。

MNAプラス

newsweekjp_20240522021503.png心身の健康維持には栄養不足に陥らないことが大切だ。「食事中にむせる」「食べる量が減ってきたかも」と感じている人は試してみたい。

身長や体重など健康に関する簡単な質問に答えると、現在の栄養状態を分析して簡単にエネルギーアップできるアドバイスや、栄養補助食品の紹介などをしてくれる。

蓄積したデータは医療従事者への相談にも活用できる。自分のほかに家族の栄養管理も登録することが可能なので、パートナーやシニア世代の親の健康管理にも活用できそうだ。

腸note

newsweekjp_20240522022001.png慢性的な便秘や下痢に悩んでいる人にぴったりな世界初の「腸活」体験アプリ。スマホに内蔵されたマイクを60秒間おなかに当てると、収集した腸の音をAIが解析。

便通などのデータを組み合わせて腸の特徴を教えるとともに、医師や管理栄養士が監修した最適な腸活アクションを提案してくれる。腸の状態が点数化されるため不調の理由を突き止めやすく、改善に向けたアプローチを理解しやすい。

いびきラボ

newsweekjp_20240522022156.png加齢に伴い肺活量が減り喉が細くなることで、いびきをかきやすくなる人は多い。このアプリを入眠時にセットすれば睡眠中の様子を計測し、いびきの大きさや、どの時間にどれだけ大声でいびきをかいているかをグラフで確認することができる。

飲酒など特別な要因が与える影響も示してくれ、睡眠時無呼吸症候群の発見にもつながる。集めたデータを基に医師に相談すれば、具体的な改善策が得られるはずだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

再送-米シスコ、台湾にサイバーセキュリティーセンタ

ワールド

英国の対イスラエル武器輸出許可額、ガザ戦争開始後に

ワールド

ウクライナ和平案協議の平和サミット、ほとんど成果な

ビジネス

米ゲームストップ店舗網縮小へ、CEOが方針 株価下
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 7

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中