最新記事

テクノロジー

人類のあらゆる知識を、宇宙や海底で永久保存

Permanent Record

2019年8月14日(水)15時00分
ジュリアナ・ピニャタロ

スピバクは人類の知識を全て保存するつもりだ ILLUSTRATION BY ALEX FINE

<地球に何が起きても消えないよう人類の知識すべてを耐久素材に刻み残す試み>

起業家ノバ・スピバクの夢はSFさながらだが、彼は本気で実現させるつもりだ。IT業界で成功した彼が率いるのは、アーク・ミッション財団(アークは「アーカイブ(保存記録)」の略)。この非営利組織の目標は、人類の知識の全てを「バックアップ」することだ。

あらゆる情報をニッケルなどの耐久素材に技術を駆使して極小サイズで刻み付け、長期間安全な場所に保管することを目指している。候補地は海底、あるいは月などだ。本誌ジュリアナ・ピニャタロが話を聞いた。

◇ ◇ ◇

──なぜそんなことをするのか。

人類史における芸術的、科学的成果は全て、今のところプラスチック媒体か紙に記録されている。私たちはこれを保護し、保存するよりよい方法を開発した。何十億年という進化の過程で生み出された、多様性に富む生物形態という生物学的遺産も記録したい。地球が何かしらの大惨事に見舞われたら、これらは全て永久に失われてしまう。

──それらの全情報をどうやって保護するのか。

「10億年アーカイブ・イニシアチブ」と名付けた戦略を取っている。地下深い洞窟や深海底など、遠い未来の知的生物が探し当てるだろう数千カ所の地点に記録を保管する。現在の私たちが知っていることと、私たちと同じ失敗を犯さずに済む方法を彼らに伝えるために、保存する必要がある。

──発見した者がそれらを解読できるという保証は?

知識を視覚的に記録する。全てを図形や絵を使って伝えるのだ。そこには現代の私たちが持つ膨大な知識が極小規模で刻まれ、コンピューターがなくても顕微鏡で読み取れるようにする。コンピューターの作り方も伝え、そこからも大量の情報が伝わる。

──これまでどこに保存したか。これから狙うのは?

最初のミッションとして、イーロン・マスクと彼のスペースX社と協力し、ロケットで打ち上げられて太陽を周回するテスラ・ロードスターにクオーツ結晶に刻み付けたデータ(SF作家アイザック・アシモフの作品も含まれる)を積み込んだ。3000万年は残り続けるだろう。低軌道衛星にウィキペディアの記録も積んだ。月面着陸の計画もあるし、地球と月の間で重力の均衡が保たれた「ラグランジュ地点」での「惑星間インターネット」の構築も考えている。

──惑星間インターネット?

地球、月、火星で情報を同期化するアイデアだ。例えば遠い将来、火星への移住が行われたとして、不測の事態で地球との通信が途絶えてしまったとき、バックアップが必要だろう。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

香港で抗議デモ続く、学生は大学に立てこもり 17日

ビジネス

著名投資家アイカーン氏、ゼロックスとHPの統合案支

ワールド

米中の貿易合意、石油市場の「暗雲」取り払う=OPE

ビジネス

中国鉱工業生産、10月は大幅に鈍化 他の指標も軒並

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 2

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 3

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 4

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 5

    雨が降ると植物はパニック状態になっていた:研究結果

  • 6

    韓国、アイドルオーディション番組「PRODUCE 101」ヤラ…

  • 7

    女性の着替えやトイレを監視──入管が組織的セクハラ

  • 8

    子犬を茹でて子供を虐待する「鬼母」と地獄の家

  • 9

    債券バブルが崩壊したら株式市場はどうなるか

  • 10

    「バグダディ死亡」共同通信記事の間違った認識

  • 1

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 2

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 3

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

  • 4

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 5

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 6

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 7

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 8

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月