最新記事
ペット

仰向けで微動だにせず...食事にありつきたい「演技派」猫が毎日披露する「まさかすぎる方法」にネット爆笑

Dramatic Pet Pretends to Be Dead 'Every Day' for the Most Cat Reason Ever

2024年5月15日(水)19時25分
レイチェル・オコナー
猫

(写真はイメージです) beanstalkaudio-Shutterstock

<茶トラ猫のメイシーは空腹アピールのために毎日「死んだふり」をする。その様子を捉えた動画がTikTokユーザーたちを夢中にさせている>

ある女性が投稿した、飼い猫が一風変わった方法で餌を催促するところを撮影した動画が話題を集めている。

【動画】迫真の演技! 仰向けで硬直し、「飢え死にしそうな姿」を演じて餌にありつく猫

大声で鳴いたり、いつもよりずっと人懐こくなったり、どの猫にも飼い主に食事の時間を知らせる独自の方法がある。しかし、この女性が育てる4歳のメイシーにはもっと突飛な戦略がある。餓死しそうなふりをするのだ。

この風変わりな茶トラ猫、メイシーの飼い主であるPR職のライリー・ピーコックは4月25日、TikTokに1本の動画を公開した。映像には、お腹の上に足を縮めたメイシーが完全に静止し、仰向けに横たわる姿が収められている。カナダ・ノバスコシア州在住のピーコックは本誌の取材に対し、メイシーは何年も前から餌のために死んだふりをすることを日課にしており、とてもかわいくて面白いのだと述べている。

動画では、ピーコックが近づいてもメイシーは微動だにしない。飼い主が真上に来たところで、メイシーはようやく目をぱっと開けて頭を飼い主のほうに向ける。飼い主が餌を持っているかどうかを確かめているようだ。動画には「死んだふりをしてお腹がすいたと訴えている」と書かれ、キャプションに「毎日のことだ」と添えられている。

まだ生後9週間の子猫だったメイシーをレスキューセンターから引き取ったピーコックによると、この大げさな要求が通るのは50%程度だとのこと。

「夕食の時間でない限り、おやつをあげるだけで済ませています」

米動物虐待防止協会(ASPCA)によれば、猫が「食事の時間に強く要求する」のは普通のことだという。

「誰かが台所に入ると必ず鳴くようになる猫もいる。餌をもらえるかもしれないから。飼い主を起こすために鳴いて朝食を出すよう訴える猫もいる」

TikTokユーザーたちはこの動画に熱狂し、コメント欄には800超の感想が寄せられている。あるユーザーは「まさに瀕死の状態」と綴り、別のユーザーは「マジでドラマ!」と同意する。他にも、「なかなか食事が来ないときの私と同じ」と自身と重ねるユーザーも。

ピーコックは本誌に、「飼い猫のおかしな行動がこれほど話題になるとは思っていなかったので、衝撃を受けています」と語った。

「メイシーは本当に特別な子で、彼女のことが大好きなんです。世界中の人たちにメイシーを知ってもらえて嬉しい限りです」

(翻訳:ガリレオ)

20240604issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年6月4日号(5月28日発売)は「イラン大統領墜落死の衝撃」特集。強硬派ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える グレン・カール(元CIA工作員)

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、5月横ばいで予想下回る 改善3カ

ワールド

政治改革・先送りできない課題に専念、それ以外は考え

ワールド

日中韓首脳会合、中国首相「新たな始まり」 貿易など

ビジネス

景気「足踏みも緩やかに回復」で据え置き、生産など上
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中