最新記事

ネット

【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

2022年6月20日(月)20時25分
若道いつき

@lokoreek/TikTok

<怖いもの知らずの男の子、自信に満ちた表情はすぐさま絶望へと変わり...>

ある少年が勢いよく青唐辛子を食べ、その辛さに悶絶するという無謀なチャレンジ動画がソーシャルメディア上で人気だ。

米ノースカロライナ州ウィンストン・セーラムに住む少年の父親(@lokoreek)は、息子のチャレンジをTikTokに公開した。結末の分かりきったこの映像だが、投稿には(20日の時点で)180万以上の「いいね」が付いている。その反応は「面白い」というものから少年への心配までさまざま。

映像が始まると、男の子はワクワクしたような表情を見せ、大きな青唐辛子に豪快にかじりつく。その自信はすぐさま絶望へと変わり、大きなコップで水を飲み、口を冷やそうとする様子が記録されている。

実はこれが大きな間違い。ヒューストン・メソジスト病院のケイティ・マッカラムによれば、水を飲むことで唐辛子の辛味が口全体に広がり、余計に刺激を強めることになってしまう。

代わりにおすすめなのが、唐辛子の辛味成分「カプサイシン」を分解する「カゼイン」の含まれる牛乳だという。「カゼインを洗剤だと考えて」とマッカラムは説明する。石鹸が油を洗い流すのと同様に、口の中を浮遊するカプサイシンをカゼインが引き寄せ、囲い、洗い流すのを助けてくれる。

男の子は泣き崩れながら「911に電話して」と懇願する。地獄を見たこの少年だが、父親いわく、次のチャレンジに前向きな姿勢を示しているという。

@lokoreek Wait For It and yes He is okay #CatchChobaniOatmilk #Fyp #AmazonVirtualTryOn #ASOSChaoticToCalm #MakeASplash #FYP ♬ original sound - LokoReek

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

FRB公定歩合、3連銀総裁が0.50%引き上げ提案

ワールド

NATO、ウクライナへのインフラ支援強化を約束 外

ビジネス

日産と仏ルノー、提携関係の再構築発表に向け日程調整

ワールド

英政府、BBC記者への対応巡り中国大使を呼び出し

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが、子供を対象にして大炎上

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    英語習得のコツは実はシンプル! 「簡単な本の音読」…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    名画を攻撃する環境活動家の行動は、「無意味」だが…

  • 10

    メーガン妃の今後を案じ、ヘンリー王子が「絶望」を…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統領、2年前の「仕返し」か

  • 4

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 5

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 6

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月