最新記事
SNS

米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎる」と大炎上 「なぜ幼い少女の胸に谷間!?」

Coco Austin Daughter Photo Sparks Backlash

2024年6月14日(金)20時40分
ビリー・シュワブ・ダン
水着写真が炎上したココ・オースティン

lev radin/Shutterstock

<自身を「型破りな母親」とするモデルで女優のココ・オースティンだが、水着姿の娘の写真をめぐって多くの批判を受けている>

米セクシーモデルで女優のココ・オースティンが、水着姿の自身と娘のツーショットを公開。絵画風に画像を加工したものだったのだが、それが「性的」すぎるとして炎上した。オースティンが露出度の高い水着で豊かな肉体美を誇示するのはある意味「いつも通り」なのだが、幼い娘にまでビキニを着せたうえで性的な加工を施したというのだ。

■【写真】不適切? 自由? 少女の胸にまで谷間が...米セレブ、娘とのプール遊び写真がセクシーすぎて大炎上

ラッパーで俳優のアイス-Tの妻としても知られるオースティンは、インスタグラムに2つの写真で構成した動画を投稿した。1つ目の写真は、オースティンと娘のシャネルの写真を、アーティストがセミリアルな画像に加工したものだ。もう1つはその基となったオリジナルの写真で、水着姿でプールから出てくる母娘が映っている。

「どうして私はこれがこんなに好きなんだろう? アートデザイナーは、実際の瞬間を捉える素晴らしい仕事をする」とオースティンはキャプションに記し、「シャネルと私がフロリダで双子になったオリジナル写真」と書いた。

以前も娘の写真をめぐって非難されたオースティンだが、今回の動画に対しても、「不適切」だとして批判が集中している。

「なぜ思春期前の娘の胸の谷間を編集したのか」「とてもキュートだが、なぜ娘を性的に見せたのか? 胸の谷間やくびれたウエストがないほうが、ずっとかわいく見えた。彼女はありのままで完璧だ」「フォローを外した。これは受け入れられない。彼女は幼い少女なのに」といった具合だ。

また、「小さな女の子は、あんな露出度の高いツーピースを着るべきではない。私なら娘に着せない」というコメントもあった。

6歳の娘をキッチンシンクで入浴させて炎上

一方で、オースティンを擁護するユーザーもいる。「ココ、あなたはとても素晴らしいママよ!」とあるユーザーはコメントした。

「ココにかまわないで。彼女は良い母親で、一人娘にすべての時間と人生を捧げている」「最高! でも、オリジナルが一番!」「バービーとリトルバービーだね」といった書き込みもある。

2002年にアイス-Tと結婚したとき、すでにモデルとして成功していたオースティンは、映画にも出演。彼女が最も注目を集めたのは、2011年から3シーズンにわたって放送された夫婦のリアリティ番組「Ice Loves Coco」だろう。

2022年、オースティンは当時6歳だったシャネルをキッチンのシンクで入浴させている動画をTikTokに投稿し、その年齢の子供には相応しくないと否定的なコメントが殺到した。

それに対してオースティンは、「また始まった! 娘をシンクで入浴させたことが拡散しているの? あきれる」と投稿。「みんな私が型破りな母親だということは知っているはず。私は自分に合っていて、楽なことをしている。私に怒りをぶつけるよりも、参考にしたい人もいるかもしれない」と反論していた。

20240730issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年7月30日号(7月23日発売)は「トランプ暗殺未遂」特集。前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米ボーイング司法取引に最終合意、墜落事故で2.4億

ビジネス

ホンダ、中国苦戦で四輪生産能力削減へ ガソリン車中

ビジネス

中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き下げ

ワールド

情報BOX:米大統領選、ハリス氏対トランプ氏で中絶
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 9
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 10
    バイデン撤退で始動した「ハリス大統領」へのカウン…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中