最新記事
海外ドラマ

無名コメディアンによる狂気ドラマ『私のトナカイちゃん』...予想外の大ヒットはなぜ?【ネタばれ注意】

Tale of an Obsession

2024年5月16日(木)14時55分
イモジェン・ウェストナイツ(作家、ジャーナリスト)
『私のトナカイちゃん』

マーサ(右)はパブに通い詰め、ドニー(左)に付きまとい、毎日大量のメールで妄想を膨らませ、思いが伝わらない怒りを爆発させる NETFLIXーSLATE

<恐怖のストーカー被害に決着をつけた後に...。善と悪の危うい境界、正気と狂気の曖昧なスパイラルについて>

ほんのささやかな親切が、あなたの人生を破滅させるかもしれない。それがドラマ『私のトナカイちゃん』だ(この記事はネタバレを含みます)。

ネットフリックスで4月に配信が始まった直後から、予想外の大ヒットとなっている。アメリカでは無名で、母国のイギリスでもほとんど知られていないコメディアンが制作・主演している1シーズン完結のシリーズとしては異例の成功だ。

全7話を見た私が保証しよう。『私のトナカイちゃん』は口コミどおり、とてもよく出来ていて、とても怖い。

ドニー(リチャード・ガッド)はロンドンのパブで働く売れないコメディアン。ある日、カウンターでうなだれている中年の女性客をふびんに思い、紅茶を1杯おごる。

マーサと名乗る彼女は弁護士だと言い、店に通い始め、ドニーを「私のトナカイちゃん」と呼んで執着するようになる。

最初はドニーも面白がっていた。何にせよ注目されるのはうれしかった。

しかし、マーサはドニーだけでなく彼の恋人にも執拗に付きまとう。電話をかけ、大量のメールを送り、どこにでも現れる。彼のライブに押しかけて大声で掛け合いを始め、自宅前のバス停に何時間も座っている。

こんなことが現実にあり得るのだろうかと、一瞬でも疑った私は自己嫌悪に陥った。この物語の大部分は、実際に起きたことなのだから。

留守電メッセージの闇

『私のトナカイちゃん』は、ガッドが自分の実体験を描いた舞台と一人芝居を基にしている。ガッドは実際にストーカーの被害に遭った(ただし、マーサは明らかに脚色されている)。ストーカーは彼の生活に侵入し、膨大な量のメールを浴びせた。

さらに、ガッドはコメディー業界の年長の男性から性的虐待を受けたこともある。いずれの経験もドラマの中でドニーの不安をあおり続け、破滅寸前に追い込んでいく。

ほぼ同じようなことがガッドの身に本当に起きたのだと知っていても、知らなくても、見ていてつらいドラマだ。加害者がドニーに薬物を使って性的虐待を加える場面は、見続けることが苦痛になる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は反発、米株高受け自律反発期待の買い

ビジネス

アングル:渋滞解消の切り札になるか、「空飛ぶタクシ

ビジネス

トヨタ株主総会、豊田会長など取締役10人選任議案を

ビジネス

英労働党、「バンキングハブ」の大幅増を約束 銀行支
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中