最新記事
セレブ

「出禁にしろ」カニエ妻、不適切な服装でディズニーランド入園に批判殺到...その夜、ホテルで「性的暴行被害」

2024年4月23日(火)21時40分
千歳香奈子
カニエ・ウエストとビアンカ・センソリ

UEFAチャンピオンズリーグのインテル・ミラノ対アトレティコ・マドリードの試合を観戦するビアンカ・センソリ(左)と黒いフェイスマスクを纏った夫カニエ・ウェスト(2月20日、ミラノ) Alessandro Garofalo-Shutterstock

<過激なファッションで外出し、たびたび批判されているビアンカ・センソリ。今回はディズニーランドを「素足」で歩く姿が撮影された。ネット上には「ドレスコード違反」との指摘も>

お騒がせラッパーのカニエ・ウェストと妻で建築デザイナーのビアンカ・センソリが、地上でもっとも幸せな「夢の国」ディズニーランドでデートを楽しみ、その不適切な服装が物議を醸している。

【画像】【動画】「ドレスコード違反」ディズニーランドでまさかの裸足...ビアンカ・センソリの不適切な服装

4月16日に米カリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランドを訪れた2人は、関係者にエスコートされながら手をつないで園内を移動。「キャッスルカルーセル」に乗り、『スター・ウォーズ』をテーマにした人気エリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」でもアトラクションを楽しむ様子がキャッチされた。

"ほぼ裸"の過激なファッションで外出して批判を浴びることが多いビアンカは、この日は普段より露出は控え目だったものの、大事な部分を隠すためのカバーのような布がついたベージュのボディースーツを着用し、足元はまさかの裸足だった。

ディズニーランド側の対応を批判する声も

ネットに投稿された動画では、白いフーディーとパンツ、スニーカー姿のカニエと、対照的に肌を露出したビアンカの姿が確認できる。靴の代わりにテーピングのようなものを足首から足先にかけて巻き付け、つま先をあらわにした格好で園内を闊歩しているのが分かる。

周囲の視線もお構いなしに笑顔でいちゃつく2人に、「2人とも精神的な問題がある」「靴を履かないなんて汚くて気持ち悪い」「少なくとも服は着ているみたいだけど」など、批判の声が上がっている。

ディズニーランドの公式サイトには、「不適切だと判断される服装、または他のゲストの体験を損なう可能性のある服装」をしている場合は入園を拒否したり、退園を求めたりする可能性があると明記されている。

そのため、一部ユーザーからは「ドレスコード違反」との指摘も入り、「ディズニーランドは成人向けの場所ではない。ファミリー・フレンドリーな子どもも楽しめる場所」「ポルノ女優のような服装の人は出禁にするべき」と、ディズニーランド側の対応を批判する声も寄せられている。

驚きのルックでディズニーデートを楽しんだ2人はその夜、ビアンカの体に「触った/触ってない」でホテルに居合わせた男性と揉め、カニエがその男性を殴る事態に発展。

報道によると、カニエはロサンゼルスにあるセレブ御用達のホテルでビアンカの体を押した男性を殴り、警察が駆け付ける前にその場から姿を消したという。しかしその後、カニエの代理人は声明を発表し、「ビアンカはドレスの下に手を入れられ、体を直接触られるなどの性的暴行を受けた」と主張。投げキッスをされたとも話し、自分たちが被害者であると強調している。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独GDP改定、第1四半期は前期比+0.2% 速報と

ビジネス

テスラ上海工場、モデルY生産を2桁削減 需要低迷

ビジネス

ニデック、350億円の自己株取得枠 発行済み株式の

ビジネス

午後3時のドルは157円前半、3週ぶり高値圏で底堅
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中