最新記事
スキャンダル

天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

Ohtani’s Betrayed Trust

2024年4月15日(月)14時30分
アレックス・カーシュナー(スポーツライター)
水原一平 大谷翔平

水原(左)はほぼ常に大谷にぴったり寄り添ってきた(2023年12月) KIRBY LEEーUSA TODAY SPORTSーREUTERS

<「友人」を装ったあくどい元通訳による24億円窃盗事件で明らかになったのは、「天才」を取り巻く専門家たちが全員「凡才」だったこと>

渦中の人は毅然としていた。

MLB(米大リーグ)ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平は、自分の銀行口座から違法なスポーツ賭博のブックメーカー(賭け屋)に巨額の資金が送られていた問題で、3月25日に会見を開き、自分の口で状況を説明した。

それまでは、大谷の側近も球団も矛盾する説明をしていたために、騒動は日米のメディアを巻き込んで、雪だるま式に大きくなっていった。

だが、大谷の説明はシンプルだった。賭博で莫大な負債を抱え込んだ元通訳の水原一平が大谷の知らないところで賭け屋に送金していたこと、つじつまを合わせるために周囲に嘘をついていたことなどだ。

だが、4月11日に水原を訴追した米連邦地検の説明は、はるかに悪質な事件を物語っていた。

まず、水原が大谷の口座から勝手に引き出していた金額は、当初よりもずっと多い1600万ドル(約24億5000万円)以上だった。そんな金額の窃盗に倫理的な方法などあるはずもないが、水原のやり口は予想以上にあくどかったようだ。

水原は電話で大谷に成り済まして、大谷の口座からの送金を許可していたほか、銀行からの取引通知やセキュリティーアラートが自分の電話やメールアドレスに送られてくるように細工していた。

そんなことが可能だったのは、水原の特殊な立場のおかげだ。彼は大谷の通訳だっただけでなく、仕事でもプライベートでも距離の近い友人であり、日本語でコミュニケーションを取る大谷と、英語で仕事をする銀行や資金アドバイザーとの仲介者でもあった。

つまり大谷は、これまでの報道よりもずっと重大かつ多面的な被害者だったわけだ。彼の唯一の過ちは、自分をペテンにかけた通訳や、混乱に拍車をかけた広報担当者など、間違った人間をプロとして雇い、信頼し、たんまり報酬を払っていたことだ。

とんでもない「二枚舌」

大谷は、自分の会計チームが資産をきちんと監視していると信じていた。だが、二枚舌ならぬ2カ国語を操る通訳を通したために、おかしなことになった。

訴追状に添付された起訴状案によると、水原は最初から大谷の銀行口座に関わっていた。2018年、アメリカに渡ったばかりの大谷に付き添ってアリゾナ州の銀行に行き、そこで野球選手としての報酬が入る口座を開設させたのだ。

だが水原は、MLBにおける大谷の代理人であるネズ・バレロに口座情報を教えなかった。大谷が秘密にしたがっていて、会計チームにも監視されたくないと言っていると説明したのだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ソフトバンクG出資の印オヨ、再度IPO撤回 債務借

ワールド

ノルウェーなど3カ国、パレスチナ国家承認 イスラエ

ワールド

米、パレスチナ国家の一方的承認に否定的 直接交渉を

ワールド

指名争い撤退のヘイリー氏、トランプ氏に投票と表明
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結果を発表

  • 2

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 5

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    魔法の薬の「実験体」にされた子供たち...今も解決し…

  • 9

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 10

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中