最新記事
グラミー賞

グラミー賞を逃した歌手ラナ・デル・レイ...純白ミニドレス姿の自撮り写真に写っていた「不穏」なもの

Lana Del Rey Gun Photo Causes Concern

2024年2月9日(金)19時09分
ジェイミー・ボディ
ラナ・デル・レイの不穏なSNS投稿

Andrea Raffin/Shutterstock

<グラミー賞の複数部門にノミネートされたものの、受賞を逃した歌手ラナ・デル・レイが投稿した「不穏すぎる」自撮り写真>

米歌手のラナ・デル・レイが、今年のグラミー賞にノミネート後、SNSに投稿した写真が波紋を呼んでいる。写っているのは、ベッドに置かれたバッグやソファに脱ぎ捨てられた服を背景にした彼女自身の姿。胸元にリボンをあしらった薄手の白いミニドレスを着た彼女だが、その右手にはピストルが握られているという、なんとも不穏な1枚だった。

■【写真】薄手の純白ミニドレスを着た彼女が握りしめていたもの...米歌手の「美しくも不穏な写真」

レイは、ヒット曲「A&W」とアルバム「Did you know that's a tunnel under Ocean Blvd」で、それぞれ年間最優秀楽曲部門と年間最優秀アルバム部門にノミネートされたが、どちらも受賞を逃した。

レイは2月6日、グラミー賞授賞式の写真や動画を公開。その中でユーザーに衝撃を与えたのが、彼女が白いドレス姿で銃を手にしている写真だ。

2つの投稿のうち1つは、テイラー・スウィフトや音楽プロデューサーのジャック・アントノフといったスターたちとの複数の写真や動画で構成されている。もう1つは、銃を持った写真と、彼女が出演する2024年の野外音楽フェス「コーチェラ」のラインナップの画像だ。

これらの写真がX(旧Twitter)でシェアされると、この写真の意味をめぐってさまざまな憶測が飛び交う事態となった。

レイの不可解な投稿に対し、ファンからは「助けを求める叫びだ」などと心配する声が殺到した。ほかにも、新曲のヒントかコーチェラでのパフォーマンスと関係しているのかもしれないといった声も上がった。

ファンからはラナ・デル・レイに熱い応援メッセージ

確かなことは、ソーシャルメディアユーザーがこの投稿にショックを受けたということだ。「これは助けを求める叫びだ」「みんな銃は無視?」「なぜ彼女は銃を持っているの?」とユーザーは書き込んだ。「彼女はどんなことをしてでもグラミー賞を獲るつもりなんだ」と揶揄する人もいた。

インスタグラムにもレイを気遣う声が寄せられたが、過去にもグラミー賞を11回逃した彼女に対し、ファンたちは愛情を込めたメッセージも送っている。

「ラナ、あなたはみんなの誇りだし、どんな賞もあなたが音楽業界に与えたインパクトを変えることはできない。あなたは素晴らしい女性であり、アーティストであり、唯一無二のソングライターだ。あなたはすべてを乗り越えてきた」とあるユーザーは称えた。

レイの楽曲「Living Legend」の歌詞を引用し、「夏には銃と馬を」と投稿した人もいた。


20240227issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年2月27日号(2月20日発売)は「開戦2年 ウクライナが敗れる日」特集。アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学を読み解く

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、1月85.5に上昇 「経済は低位

ワールド

キリバスで中国警察が活動、犯罪データベース作成など

ワールド

ロシアの核戦力、95%が近代化済み=プーチン大統領

ビジネス

ECB23年決算、過去最大79億ユーロの損失 利払
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 4

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答…

  • 5

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 8

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 9

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 10

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中