最新記事

BOOKS

オタクの聖書『指輪物語』にテック業界の大物や極右政治家が魅せられる...その理由とは?

Right-Wing Rings of Power

2023年2月22日(水)13時52分
ジェレミー・リンデンフェルド

(左から)メローニ伊首相、ピーター・ティール、パルマー・ラッキー(冥王サウロンのしもべ姿、イラストはイメージ) ILLUSTRATION BY NICOLÁS ZUNIGA

<圧倒的な世界観でオタクを魅了する『指輪物語』。現実世界に忍び寄る「指輪」の魔力について>

映画『ロード・オブ・ザ・リング』の原作にもなったJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』3部作のファンにとって、ホビットとは中つ国の「シャイア(ホビット庄)」で丘の中腹に穴を掘って住居にし、パイプ草を吸って歌ってエールビールを飲んで日々を送っている小太りな人たちだ。

だが現実世界の力ある者の中には、政府の介入や過干渉とは無縁な中つ国でのホビットの暮らしを社会的理想に近いと考える人もいる。

米決済大手ペイパルの共同創設者で2016年の大統領選でトランプ支持を表明したピーター・ティールは、10代の頃に『指輪物語』を愛読。彼が共同創設したデータ分析企業パランティアの社名は物語に出てくる遠くまで見通せる水晶玉(「見る石」とも呼ばれる)に由来し、カリフォルニア州パロアルトにある本社は通称「シャイア」だ。

クラウドセキュリティーサービスを提供するオルカセキュリティーの情報セキュリティー専門家でトールキンのファンだというアンディ・エリスは「企業名がパランティアなんてばかげてると常々思ってきた」と言う。物語のパランティアは覗く者を堕落させる。白(善)の魔法使いサルマンはこの石に魅入られ冥王サウロンのしもべと化す。

ティールのパランティアも「闇」を併せ持つ。国際人権擁護団体アムネスティ・インターナショナルは、米移民関税執行局(ICE)が同社の技術を使って不法移民労働者を摘発し、移民の子供たちを親から引き離す結果になったと指摘。

アムネスティの追及にパランティア側は、自社製品の使用は「合法だが世間一般の基準や価値観と矛盾する活動に当社が加担しているかについて、当然かつ重要な問題を提起する」と回答した。

同社の大衆監視プロジェクトとそれをめぐる透明性の欠如は「基本的自由の侵害への滑り坂」を象徴するとアムネスティのマット・マームディ人工知能(AI)・人権問題顧問は指摘する(パランティア側はノーコメント)。

VR(仮想現実)映像端末で知られるオキュラスVRの創業者パルマー・ラッキーも、設立した軍事テック企業に中つ国の強力なアイテムの名を付けた。冥王サウロンの指を切り落とし、折れた剣を鍛え直して作ったアンドゥリルだ。

アンドゥリル・インダストリーズはAIを駆使した防衛テクノロジーを国防総省や国土安全保障省などに提供。ティールのファウンダーズ・ファンドもいち早く出資した。

教養

輪廻転生=ゲーム理論? 仏教の教えは極めて合理的だった...教養で世界の見え方が変わる

2022年11月11日(金)17時51分
flier編集部
野村高文氏

野村高文氏(本人提供)

<幅広い教養を持つことで、自分の視点と他人の常識が見えてくる。学問に触れることの重要性を、『視点という教養』共著者・野村高文氏に聞く>

本文を読む

日本赤軍からコロナ給付金詐欺まで、「意識の高い若者」はどこで間違えるのか

2022年6月10日(金)11時27分
若者

ViewApart-iStock.

<一部の若者が「意識の高さ」から国家を侮蔑し、法を侵すのはいつの時代も同じ。国際テロから仮想通貨へと彼らの関心が移ろい、平和になった社会で失われたものとは?>

本文を読む

ニュース速報

ワールド

ローマ教皇の手術は成功、回復後は活動に制限なし

ビジネス

ECB、高インフレ継続なら7月以降に追加利上げも=

ワールド

ダム破壊は「野蛮な」戦争犯罪、プーチン氏がウクライ

ビジネス

米貿易赤字、4月は23%増の746億ドル 約8年ぶ

MAGAZINE

特集:最新予測 米大統領選

2023年6月13日号(6/ 6発売)

トランプ、デサンティス、ペンス......名乗りを上げる共和党候補。超高齢の現職バイデンは2024年に勝てるのか

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「中で何かが動いてる」と母 耳の穴からまさかの生き物が這い出てくる瞬間

  • 2

    性行為の欧州選手権が開催決定...ライブ配信も予定...ネット震撼

  • 3

    ワグネルは撤収と見せかけてクーデーターの機会を狙っている──元ロシア軍情報部門将校 

  • 4

    自社株買いでストップ高!「日本株」の評価が変わり…

  • 5

    元米駆逐艦長が「心臓が止まるかと」思ったほど危機…

  • 6

    メーガン妃が「絶対に誰にも見られたくなかった写真…

  • 7

    「ダライ・ラマは小児性愛者」 中国が流した「偽情報…

  • 8

    プーチンは体の病気ではなく心の病気?──元警護官が…

  • 9

    マーサ・スチュワート、水着姿で表紙を飾ったことを…

  • 10

    ワグネルに代わってカディロフツィがロシアの主力に…

  • 1

    ロシアの「竜の歯」、ウクライナ「反転攻勢」を阻止できず...チャレンジャー2戦車があっさり突破する映像を公開

  • 2

    「中で何かが動いてる」と母 耳の穴からまさかの生き物が這い出てくる瞬間

  • 3

    「日本ネット企業の雄」だった楽天は、なぜここまで追い込まれた? 迫る「決断の日」

  • 4

    米軍、日本企業にTNT火薬の調達を打診 ウクライナ向…

  • 5

    「ダライ・ラマは小児性愛者」 中国が流した「偽情報…

  • 6

    敗訴ヘンリー王子、巨額「裁判費用」の悪夢...最大20…

  • 7

    【ヨルダン王室】世界がうっとり、ラジワ皇太子妃の…

  • 8

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎ…

  • 9

    どんぶりを余裕で覆う14本足の巨大甲殻類、台北のラ…

  • 10

    ウクライナ側からの越境攻撃を撃退「装甲車4台破壊、戦…

  • 1

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 2

    世界がくぎづけとなった、アン王女の麗人ぶり

  • 3

    カミラ妃の王冠から特大ダイヤが外されたことに、「触れてほしくない」理由とは?

  • 4

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半…

  • 5

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 6

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 7

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、…

  • 8

    「飼い主が許せない」「撮影せずに助けるべき...」巨…

  • 9

    預け荷物からヘビ22匹と1匹の...旅客、到着先の空港…

  • 10

    キャサリン妃が戴冠式で義理の母に捧げた「ささやか…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中