最新記事

スポーツ

プロ転向を表明した、羽生結弦の「第2章」がいよいよ開演

A New Freedom To Shine

2022年7月27日(水)12時41分
茜 灯里(作家、科学ジャーナリスト)
羽生結弦

羽生の「決意表明」会見は温かい雰囲気の中で行われた(7月19日) KIM KYUNG-HOONーREUTERS

<フィギュアスケートの「一つの時代」は終わった。しかし、他者との戦いから自由になることで、「自分しかできないジャンプ」と「自分が目指す表現者」をより追求できるようになり、さらなる高みへ>

7月19日17時、フィギュアスケート選手の羽生結弦(27)は前日に告知した「決意表明」の記者会見を始めた。関係者や集まった記者らに謝意を伝えると、すぐに「プロのアスリートとして、スケートを続けていくことを決意いたしました」と語った。

つまり競技生活を終え、アイスショーなどで活躍するプロスケーターに転向するということだ。羽生は「引退する」という言葉を決して使わなかった。

フィギュアスケートでは、競技会に出場する選手は全てアマチュアだ。プロ転向で選手登録を外れると、五輪や世界選手権などへの出場資格はなくなる。

現在の規定では、プロに転向しても1度だけアマチュアに復帰できるが、羽生は「(競技会から離れる)寂しさは全然ないです。今後は試合という限られた場でなく、もっといろいろな方法で自分のスケートを見てもらえる」と晴れやかな顔で語った。

ソチ、平昌(ピョンチャン)の五輪2連覇、男子初のスーパースラム(五輪、世界選手権、四大陸選手権、グランプリファイナル〔GPF〕、世界ジュニア選手権、ジュニアGPFで優勝)の達成、世界記録を通算19回更新、北京五輪で五輪史上初の4回転半(4A)ジャンプ挑戦──数々の偉業を成し遂げた「絶対王者」が、競技会から去った。この日、フィギュアスケートの一つの時代が終わった。

【関連記事】文中で紹介した演技の詳細解説はこちら

「ニース落ち」が続出

仙台市で生まれ育った羽生は、姉の影響で4歳からフィギュアスケートを始めた。ぜんそくの持病があり、改善が目的の1つだった。小2からは都築章一郎コーチに師事し、順調に実力を伸ばしていく。

都築コーチの指導はジャンプの正しい回転軸を重視するもので、羽生の代名詞である美しいジャンプの礎となった。9歳で全日本ノービスB(9~10歳)優勝、2カ月後には初参加の国際大会で優勝した。

しかし、直後にホームリンクが閉鎖。離れたリンクに練習拠点を移さざるを得ず、2007年までの約2年半は競技成績が停滞した。

ホームリンクの営業再開後、羽生の快進撃が始まった。振り付けもできる阿部奈々美コーチに師事すると、全日本ノービスA(11~12歳)で優勝。08-09年シーズンにジュニアクラスになると、全日本ジュニア優勝。翌シーズンは国際試合で全勝し、髙橋大輔、織田信成、小塚崇彦に続く4人目かつ日本人男子最年少の世界ジュニア王者となった。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ザポロジエ原発にまた無人機攻撃、ロはウクライナ関与

ビジネス

欧州は生産性向上、中国は消費拡大が成長の課題=IM

ワールド

パレスチナ国連加盟、安保理で否決 米が拒否権行使

ワールド

トランプ氏「ウクライナ存続は米にとって重要」、姿勢
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 6

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 10

    紅麴サプリ問題を「規制緩和」のせいにする大間違い.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中