最新記事

アート

VRアーティスト・せきぐちあいみから見た、東京の街とは

2022年6月27日(月)11時30分
※TOKYO UPDATESより転載

VRアーティストとしてライブペインティングを行いながら、大学で講師を務めるなど幅広く活動するせきぐちあいみ氏

<VR(Virtual Reality/仮想現実)の空間に精緻で大胆な3Dアートを描き出すアーティスト、せきぐちあいみ氏。日本文化をモチーフにした作風や、VRデバイスを装着した観客を前にして行うライブペインティングなど、独自のスタイルが国内外から注目され、世界を舞台に活躍している。東京を拠点にするせきぐち氏が、日本文化や東京の街をどのように捉えているのか語ってくれた>

斬新なVRアートに世界中から反響が届いた

中学生の頃、演劇に夢中になったことがきっかけで、そのまま自然な流れで創作や表現の道に進みました。女優、アイドル、YouTuberを経て、2016年にVRアーティストとして活動を始めたんです。

初めてVRアートに触れたのは、雑誌の取材でリポーターとして、VRで絵が描けるソフトを体験したときのことです。VRゴーグルを装着して、3Dペンを筆のように動かし、VR空間に絵を描いてみたんです。それがまるで魔法のようで、VRアートに夢中になりました。当時は、今ほどVRが注目されていなかったので、独学でVRアートを制作しました。VRで制作した画像や動画をSNSにアップしてみると、たくさんの方から反響をいただけてうれしかったです。

VRアーティストとして活動しはじめて数ヶ月経った頃から、ライブペインティングのパフォーマンスの出演依頼が来るようになり、アメリカ、ヨーロッパ、中東、アジアなどグローバルで公演する機会も増えていきましたね。

VRアートは新しいテクノロジーを使っているので、なかには「理解できるか不安」と構えてしまう人もいます。でも、ライブペインティングではVRゴーグルを通して、空間に立体的なアートが生まれていく瞬間を楽しんでもらえるので、直感的に驚きや感動を味わえると思います。「VRというテクノロジーで人生が豊かになる感覚を持ってもらえたら」という気持ちで創作活動をしています。

tokyoupdates220627_sekiguchi2.jpg

アメリカで実施したライブペインティングの様子

伝統と革新が融合している東京に惹かれる

私の作品の多くは、日本文化をモチーフにしています。純粋に好きだから描いているだけなのですが、浮世絵、神社、日本庭園などの伝統文化は作品制作のインスピレーションの源泉です。デジタルならではの表現ができるVRで、日本の伝統文化に宿る、時代を超越した温かみや情緒を表現したいと思って作品を制作しています。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

フィンランド、ロシア人向けビザ発給制限へ 9月1日

ビジネス

カーニバル、クルーズ予約急増 コロナ規制緩和で 株

ワールド

エストニア、一般のロシア人のビザ取り消しへ EU渡

ビジネス

カナダCPI、7月は前年比7.6%上昇 やや緩和

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 5

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    【映像】社交的?馴れ馴れしい? 好奇心旺盛な子カ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    おぞましい伝説を持つスコットランド「殺人の洞窟」…

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月