最新記事

アート

アートシーンに息づくパンクロックのエネルギー

Nevermind the Picassos

2019年5月7日(火)19時00分
ダニエル・エーブリー

パンクロック関連のチラシやポスター、アルバムカバーなどの展示 COURTESY THE MUSEUM OF ARTS AND DESIGN

<パンクのグラフィックデザインに注目する、異色のアート展が聖地ニューヨークで開催中>

1970~80年代前半のパンクシーンは燃え上がってすぐに消えたが、文化やスタイルやデザインに与えた影響は今も続く。

ニューヨークのアート&デザイン美術館(MAD)で8月18日まで開催中の『生きるには速すぎ、死ぬには若すぎる パンク・グラフィックス1976~1986』は、英米のパンク&ポストパンク・ムーブメントをグラフィックデザインの観点から探るアート展だ。チラシやポスター、アルバムカバー、個人製作誌など400点以上が展示され、パンクロッカーのイギー・ポップやバンド「ラモーンズ」のメンバーらのインタビュー映像や、パンクとポストパンクの誕生を記録した写真も見られる。

「全て疑ってかかるパンクの精神は、エネルギーと色彩とノイズにあふれた革新的な作品とアイデアを提示するMADの精神そのものだ」と、MADのクリス・スコーツ館長は言う。

magc190507-rock02.jpg

PD REARICK; COURTESY OF CRANBROOK ART MUSEUM

今回はミシガン州のクランブルック美術館が昨年開催したものをニューヨーク向けにアレンジ。マンハッタンのクラブCBGBのチラシ、ラモーンズのコンサートのポスターや記念品などNYパンクゆかりの品が並ぶ。「パンクの表現形態は常に視覚的だ」と、クランブルック美術館のアンドルー・ブラウーベルト館長は言う。「ファンのファッションやステージでのパフォーマンスから印刷物のデザインまで、パンクのエネルギーは音楽を超えて強力なサブカルチャー現象になってきた」

<2019年4月30日/5月7日号掲載>

201904300507cover-200.jpg

※4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が尊敬する日本人100人」特集。お笑い芸人からノーベル賞学者まで、誰もが知るスターから知られざる「その道の達人」まで――。文化と言葉の壁を越えて輝く天才・異才・奇才100人を取り上げる特集を、10年ぶりに組みました。渡辺直美、梅原大吾、伊藤比呂美、川島良彰、若宮正子、イチロー、蒼井そら、石上純也、野沢雅子、藤田嗣治......。いま注目すべき100人を選んでいます。

ニュース速報

ワールド

ブレグジット合意、近いものの保証されず=仏外務副大

ワールド

ブレグジット合意、現状では支持できず=北アイルラン

ビジネス

日経平均は小反落、薄商いで方向感に欠ける展開

ワールド

欧州都市部の大気汚染で2016年に40万人が早死に

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 4

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 7

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 3

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 8

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月