最新記事

高機能スタイリング剤

ビジネスマンの第一印象は話の内容より外見で決まる

ヨーロッパ発の高機能スタイリング剤 [3D]MENで印象を演出する

PR

2016年10月12日(水)12時00分
Newsweek日本版ウェブ 広告制作チーム

ビジネスマンの第一印象はどこで決まっているのか

 ビジネスマンにとって第一印象が重要であることは、言うまでもない。そして、相手に与える第一印象の中で意外なほど高い割合を占めているのが、実は髪型、ヘアスタイルである。それは7割とも8割とも言われている。2014年にビジネスパーソン向けのファッションブランドが行った調査によれば、30代〜50代の社会人が初対面の相手のどこをチェックしているかと言う問いに対して、髪型は「話し方」「挨拶」「聞き方」「雰囲気」についで多く、それは「体型」や「しぐさ」はおろか「話の内容」すらも上回っている。

髪型で印象をコントロールする

 やっと取り付けたアポイントや大事なプレゼンテーション。それが夕方5時からであっても、キープされた髪型で臨むのと、なんだかくたびれた髪型で臨むのとで、印象が同じなわけがない。

 社内においても、きちんと整えられた髪型で出勤し、夜になっても髪型が崩れることなく、疲れたそぶりもなく退勤すれば同僚の印象も良い。大きな組織なら、社内にも初対面で、まるでクライアントかのように大事に扱わなければいけない「他部署の誰か」もいるだろう。そういう相手に与える印象も、考えたい。 

 つまりビジネスマンの第一印象には一種の「モテ要素」が必要なのだ。モテとは単に異性からモテるというだけではない。同僚からのモテ、上司からのモテ、クライアントからのモテ......こうしたあらゆる場面での「モテ」が、髪型によって実現できる可能性がある。

いつものスタイリング剤を変えてみる

 近年、男性の美容に対する意識の高まりを受けて、機能性の高い新しい男性向けスタイリング剤が登場する流れが見られる。ドイツの老舗・シュワルツコフ プロフェッショナル も、こうした新世代のスタイリングシリーズをリリースしたブランドのひとつ。ドイツで生まれ110年以上の歴史を持つ同ブランドのシャンプーやスタイリング剤は、その品質の高さや使いやすさから、とくにヘアサロンから厚い信頼を寄せられている。

 そのシュワルツコフ プロフェッショナルが日本市場の男性向けに投入したのが [3D]MEN(スリーディーメン)というシリーズだ。ラインナップに含まれるスタイリング剤は、ヘアのエキスパートが考え抜いた3製品で構成される。

3DMEN2.jpg

 「ストロング ホールド ジェル」はウェットな質感で、一度セットしたら一日中崩れないスタイルを実現するという。しなやかさとパリッとしたイメージを併せ持っていて、初対面の相手にシャープでセクシーな印象を与え「できるヤツ」と思わせたいなら有効な選択肢だろう。

 ツヤのあるウェーブで、まるでパーマをかけているかのようなスタイルを作るのが「モールディング ワックス」。全体的にやわらかく、キュートな男を演出したい場合に適しているらしい。「初対面の相手に怖そう、難しそうなヤツだと思われていないか」と心配している男性は、一度試してみてはどうだろう。

 3つめは、立ち上がった太い毛束を長時間キープする「テクスチャー クレイ ワックス」だ。質感はマットで、ワイルドなイメージを演出することができるから、即断即決を促したい場面でイニシアチブを取りたいなら、これは検討の価値がありそうだ。

 いずれの製品も、「サロンクオリティ」をウリとしており、しっかりとスタイリングを作り込むことができる。同製品はヘアサロンを中心とした販路を取っているが、全国の「ロフト」では一般販売されるとのことなので、比較的簡単に手に入れることができる。

 ちなみに [3D]MEN には、スタイリング剤の他にも、ヘアシャンプーやヘア&ボディーシャンプーがラインナップしている。パッケージに統一感があるのはもちろん、シトラス及びミント系の香りで、フレグランスが一貫しているのも嬉しい。

TPOに応じた表現をしよう

 アフター5や週末には、仕事時間とは違ったスタイリングでもうひとりの自分を演出するのも良い。オフィスにいるときと自宅でくつろいだりレジャーを楽しんでいるときとで、同じヘアスタイルというのもつまらない。退社後にジムで汗を流した後で友人たちと食事に行くようなシチュエーションで、日中とは違うスタイルを作ってみてはどうだろう。サロンクオリティのスタイリング剤は、髪型に表現の自由を与えてくれるものでもあるのだ。

 ビジネスでもプライベートでも、髪型で「なりたい自分」を表現して最良の印象を演出してみよう。

 [3D]MEN 製品詳細ページはこちら

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン大統領、米大統領選から撤退表明 「ハリス氏

ワールド

トランプ氏、「ハリス氏のほう負かしやすい」 バイデ

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 5
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 9
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 10
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 9
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 10
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中