最新記事

基礎知識

3分でわかるスター・ウォーズ過去6作の物語

初心者でも大丈夫、新作『エピソード7/フォースの覚醒』を観に行く前に押さえておきたい基礎知識

2015年12月8日(火)11時38分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

 12月18日、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』がいよいよ封切られる。今年1月1日に邦題が発表され、9月4日に全世界で関連商品の発売が開始。このSF映画の金字塔の新作公開を待ち望んでいたファンは多いことだろう。

 だが、本作は7作目の『スター・ウォーズ』であり、シリーズの最初の作品がアメリカで公開されたのは1977年と、約40年も前だ。関心があっても、過去6作を全部は観ていないから、あるいは覚えていないからと、映画館に足を運ぶのを躊躇する人もいるかもしれない。

 その心配は要らない。『スター・ウォーズ』は3つの3部作で構成されており、この『エピソード7』は最後の3部作の最初の物語。つまり、これまでの作品について知らなくても、まったくついていけないということはない。

 とはいっても、ちょっとした予習・復習をしておくだけで、新作を何倍も楽しめるのも確か。そこでニューズウィーク日本版では、『スター・ウォーズ』シリーズのエッセンスから、キャラクターや名場面、マーケティング戦略まで、その魅力を1冊に凝縮したSPECIAL EDITIONムックを制作。「STAR WARS 『フォースの覚醒』を導いたスター・ウォーズの伝説」(以下、本誌)として12月9日に発売する。ここでは本誌を元に、基礎知識と過去6作のあらすじを簡単に紹介しよう。

『エピソード4』が最初の作品

 1977年に公開された最初の『スター・ウォーズ』が、大ヒットし、後に『エピソード4/新たなる希望』と副題を付けられることになった。80年に『エピソード5/帝国の逆襲』、83年に『エピソード6/ジェダイの帰還』が公開。主人公のルーク・スカイウォーカーが悪役のダース・ベイダーと戦うこの3作が、オリジナルの3部作である。

 97年にオリジナル3部作を再編集した「特別篇」シリーズが上映され、その後、この前日譚となる新たな3部作、『エピソード1/ファントム・メナス』(99年)、『エピソード2/クローンの攻撃』(2002年)、『エピソード3/シスの復讐』(2005年)が順に公開されていった。新3部作の主人公は、アナキン・スカイウォーカー。ルークの父である彼が、成長し、やがて悪の道へと堕ちていく物語だ。

 新作『エピソード7/フォースの覚醒』は、『エピソード6』の約30年後が舞台とされている。今後4年をかけ、最後の3部作として展開されていく予定だ。「多くは謎のままだが、主役は新キャラクターのレイ(デイジー・リドリー)とフィン(ジョン・ボイエガ)らしい。ファンの間では、レイはスカイウォーカーの娘か血縁者という説が有力視されている」(本誌「最新作の5つの見どころを大胆予測」より)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:「脱成長」理論に脚光、気候変動加速でタブ

ワールド

アングル:タリバン政権発足から1年、自由失った女性

ワールド

米下院、「インフレ抑制法案」を可決 バイデン氏署名

ワールド

ウクライナ軍、ロシア制圧域の供給路攻撃可能 弾薬庫

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 4

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 7

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 8

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 9

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 10

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 4

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 5

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 6

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 10

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月