最新記事

映画

クールな殺し屋役でキアヌ久々の魅力全開

出演作に恵まれなかったキアヌだが、『ジョン・ウィック』はファンの心配を吹き飛ばす復活作に

2015年10月23日(金)12時24分
フォレスト・ウィックマン

悲しきキアヌ 元殺し屋のウィックは亡くなった妻から贈られた子犬と暮らし始める MOTION PICTURE ARTWORK ©2015 SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. ©DAVID LEE

『マトリックス』3部作が完結してから、キアヌ・リーブスの表情は冴えなかった。もともとどこか上の空といった感じがあったが、さらにやる気をなくしたようだった。「世界を救ったら、もうやることなんてないだろ」とでも言いたげだった。

 実際、その後の出演作では微妙な役ばかり。揚げ句に公園のベンチに1人で座ってサンドイッチを食べている哀れな姿を盗み撮りされ、「悲しきキアヌ」のタイトルでネット上に公開されて、さんざんおちょくられる始末......。

 そんなリーブスだが、彼が殺し屋に扮するスタイリッシュなアクション新作『ジョン・ウィック』を見れば、ファンは安心するだろう。リーブスも彼の演じるキャラクターも、久々に映画の醍醐味を堪能させてくれる。

 殺し屋ものの名作映画の例に漏れず、映画の冒頭で主人公は既にヤバい稼業から足を洗っている。そして「悪い奴らが手を出したのは最強の男だった」式の映画によくあるように、冒頭で主人公は愛する妻を病気で失ってしまう。

 元殺し屋のジョン・ウィックはもはや生きがいを見いだせない。そこへ思いがけない贈り物が届く。愛くるしいビーグル犬だ。妻は自分の死後に夫の心の支えになるよう、ひそかに子犬を贈る手配をしておいたのだ。

 孤独な男は徐々に子犬と心を通わせる。観客はいくつかの「悲しきキアヌ」を目にすることになる。ベッドに飛び込んでくる子犬をいとおしく思う「悲しきキアヌ」、子犬とコーンフレークを食べる「悲しきキアヌ」、愛車の69年式マスタングでスピンターンをして、孤独を紛らわす「悲しきキアヌ」......。

 深い悲哀を抱えた男の積もり積もった感情は、ある事件をきっかけに暴発する。ロシア系マフィアのボスのバカ息子がマスタングを盗もうとして、子犬を殺してしまうのだ。

神業的な射撃テクニック

 ここから映画は復讐劇と化す。マフィアのボスは息子にまずい相手を怒らせたことを説明する。それは、これから始まるすさまじい殺戮を観客に予告するせりふでもある。「奴は並の殺し屋じゃない」と、ボスは言う。「鉛筆1本で3人の男を殺せる」

 ただしこの映画でウィックが使う武器は鉛筆ではなく拳銃だ。彼はカンフーと銃を融合させた「ガンフー」の達人。敵を次々なぎ倒す神業的なすご腕は『マトリックス』のネオを連想させる。アクション映画と言っても、爆発に次ぐ爆発で観客を驚かすような映画ではない。ウィック(ロウソクの芯)の名のとおり、復讐の炎はじわじわ燃え上がる。その神懸かり的なクールさは、フィルム・ノワールの傑作『サムライ』へのオマージュだ。

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ビジネス

ドル下落、景気回復期待でリスクオン=NY市場

ワールド

ロシア、新型コロナ治療でアビガン後発薬の投与開始 

ビジネス

米株上昇、景気回復の兆候で 抗議デモやコロナへの懸

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 3

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 8

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 9

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月