注目のキーワード

最新記事

再生可能エネルギー

燃料の安定供給が危ぶまれる今、期待が集まる「地球にあふれる資源」という解決策

2022年5月10日(火)18時15分
西田嘉孝

純水素型燃料電池を活用した実証施設「H2 KIBOU FIELD」(パナソニック株式会社)

<持続可能な未来に向けて加速する「脱炭素化」の流れ。日本を含む125カ国と一つの地域が目標に掲げる2050年までのカーボンニュートラルだが、その実現に向けた解決策の1つとして水素を活用した世界初の「RE100」の試みが注目を集めている>

脱炭素社会の実現という目標はもちろん、最近では原油価格の高騰やエネルギーの安定供給に対する懸念の高まりもあり、企業にとって再生可能エネルギーへの移行は、従来以上に喫緊の課題となりつつある。

そうしたなか、企業が自らの事業で使用する電力を100%再エネ(再生可能エネルギー)で賄うことを目指す国際的なイニシアチブである「RE100」への注目が、これまで以上に強まっている。現在はアップルやグーグル、マイクロソフトをはじめ、全世界で300社以上がこの企業連合に加盟し、日本からも69社が参加する。

そんなRE100化の実現に向けた挑戦の例として注目を集めているのが、本格的な水素の活用による工場のRE100化という世界初の試みを行う「H2 KIBOU FIELD」。2022年4月15日、燃料電池工場などがあるパナソニック株式会社の草津拠点にオープンした実証施設だ。

脱炭素化とともにエネルギーの地産地消を目指す

オープンに先駆けた4月14日に実施された記者発表会では、同社の燃料電池・水素事業を統括する加藤正雄氏が、今回の取り組みの背景について説明。脱炭素化に向けて再エネの普及が加速する世界のエネルギー動向を見据え、昨今の自然災害リスクの増大への対策として、地域インフラのレジリエンスを強化する分散型社会への移行などが語られた。

「エネルギーの地産地消を目指し、消費地における『CO2排出ゼロ』の発電所をつくることが、当社の推進するRE100ソリューションの全体像です」と、加藤氏は言う。

「今回の草津燃料電池工場の年間消費電力量は、一般家庭の約900戸分にあたる約2.7GWh。夏冬のピーク電力は約680kWにもなります。「H2 KIBOU FIELD」では、そうした工場のすべての電力を、太陽電池と蓄電池、純水素燃料電池の3電池連携の最適制御によって賄っていきます」

「H2 KIBOU FIELD」に設置されるのは、純水素型燃料電池99台と、1820枚の太陽光パネル。そこに約1.1MWhの余剰電力を蓄えることができるリチウムイオン電池を組み合わせ、約200名のスタッフが働く工場に必要な電力の自給自足を実現させる。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国、債券市場一段の対外開放 海外投資家向け環境整

ビジネス

原油先物は下落、景気懸念が重し 供給逼迫で下値は限

ワールド

デンマーク首都のモールで銃撃、3人死亡 22歳男訴

ワールド

インド、ストローなど使い捨てプラ禁止、最大の公害要

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった...…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 9

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 10

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月