最新記事

日韓関係

「ユニクロCFは慰安婦を侮辱!」 韓国で非難殺到、店舗前1人デモやパロディ動画も

2019年10月23日(水)11時00分

問題となったユニクロのCF。現在韓国では放送を取りやめている。MBC NEWSDESKより

日韓関係が悪化する中、カジュアル衣料品大手ユニクロが、人気商品フリースのCMを巡り、韓国で非難を浴びている。徴用工や従軍慰安婦問題の犠牲者をあざけているとして、店舗前で抗議が行われるなど、同社に対し、謝罪を求める動きが出ている。

このCMは、98歳のファッションアイコン、アイリス・アプフェルさんと、13歳のファッションデザイナー、ケリス・ロジャースさんが共演。ロジャースさんが、10代の頃はどういう服を着ていたか質問し、アプフェルさんが「I can't remember that far back!(そんな前のこと覚えていないわ!)」と答える内容だが、韓国語の字幕では「Gosh! How can I remember something that goes back 80 years?(80年も前のことをどうしたら覚えていられるの?)」と意訳され、これが問題視された。

ユニクロは19日、韓国で同CMの放送を取りやめた。

韓国の同社関係者は、ロイターに対し匿名を条件に「慰安婦など日韓の問題に触れる意図はなかった」と説明した。

動画投稿サイト「ユーチューブ」では、韓国の学生が19日に投稿したユニクロのCMのパロディー動画が、2日間で10万件超の視聴を集めたほか、ソウルのユニクロ店舗前では「80年前の植民地支配──私たちは覚えている!」と書かれた看板を掲げて抗議する人の姿が見られた。

ユニクロは、日韓摩擦を背景にした不買運動で、すでに韓国での売上高が打撃を受けており、顧客も激減している。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



一連の騒動を伝える現地メディア MBCNEWS / YouTube

20191029issue_cover200.jpg ※10月23日発売号は「躍進のラグビー」特集。世界が称賛した日本の大躍進が証明する、遅れてきた人気スポーツの歴史的転換点。グローバル化を迎えたラグビーの未来と課題、そして日本の快進撃の陰の立役者は――。

ニュース速報

ビジネス

英消費者、コロナ封鎖下で借金返済優先 住宅ローン承

ワールド

米デモ隊対応の警官が銃で撃たれる、セントルイスとラ

ビジネス

原油先物は上昇、OPECプラス減産延長観測で

ワールド

NZ、抑制措置を来週にも完全解除 新型コロナ対策は

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 3

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 8

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 9

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月