最新記事

アメリカ経済

ユーロ危機に続くドル崩壊のシナリオ

大半のアメリカ人にとってギリシャやイタリアは憧れの観光地に過ぎないが、地中海諸国の危機を無視できない理由

2011年12月14日(水)17時21分
ニーアル・ファーガソン(本誌コラムニスト、ハーバード大学歴史学部教授)

バブル崩壊 シャボンの泡(バブル)を飛ばすフランクフルトのデモ参加者 Kai Pfaffenbach-Reuters

 生み出したギリシャとローマを同時に危機が襲う──西洋文明の危機に関する著書を出版したばかりの私にとって、今の世界はこれ以上ない状況にある。

 しかし大半のアメリカ人は、EU経済が大混乱に陥っても首をひねるだけだ。彼らにとって、ギリシャやイタリアは一度は行ってみたい観光地にすぎない。「地中海政治」を詳しく解説しても、一向に関心を示さない。

 例外は話が面白い場合。例えば秘密の乱交パーティーに興じるイタリアのシルビオ・ベルルスコーニ首相(先週辞任)はイタリアの喜劇オペラから抜け出てきたような人物で、誰もが興味をそそられる。だが、ギリシャの新首相は欧州中央銀行(ECB)の前副総裁だと聞いて興奮するのは一部の変人だけだ。

 それでも、アメリカ人はこの問題に関心を払う必要がある。第1の理由は、アメリカがリーマン・ショック後の消費低迷からまだ抜け出せていないことだ。つまり経済を成長させるためには、輸出に頼るしかない。実はアメリカのEUへの輸出は対中輸出の3倍近い。

 今年3月まで対EU輸出は伸びる一方に見えたが、ユーロ危機で急停車した。過剰な政府債務を抱えたユーロ圏の国々では、借り入れコストが急上昇。通貨の切り下げができない各国当局は、やむなく緊縮政策、つまり歳出削減や増税を打ち出したが、財政赤字は減らなかった。

 その結果、経済全体が縮小し、EU全体の失業率は10%を超える。ECBのマリオ・ドラギ新総裁は、ヨーロッパが景気の「2番底」に突入するのはほぼ不可避だと語った。アメリカのEU向け輸出業者にとっては、ありがたくないニュースだ。

止まらない借金の連鎖

 第2の理由は、ヨーロッパの問題は政府債務だけではないことだ。ヨーロッパの銀行が保有する国債を時価、つまり現在の底値で評価した場合、多くの銀行は事実上の破綻状態にある。

 今のグローバル化した金融の世界では、アメリカの金融機関も当然、影響を受けるはずだ。大手銀行の大半はユーロ圏の国債や銀行に対し、少なくとも一定のリスクを抱えている。

 例えばゴールドマン・サックスの元CEOが経営トップを務めていたMFグローバルは、ユーロ圏への多額の投資が裏目に出て破綻した。他の金融機関も、ギリシャのデフォルト(債務不履行)などに備える保険として購入したクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)が、いきなり紙くずになりかねない状況に直面している。ギリシャ国債の債務減免がデフォルトに当たるかはっきりしなければ、CDSは宙ぶらりんになるからだ。

 より重要な第3の理由は、いずれアメリカも同じ道をたどる危険性だ。イタリアの債務残高はGDPの121%に達しているが、数カ月前までは誰も気にしなかった。それが一気にパニックとなり、イタリア国債の利回りは3.5%から7.5%に急上昇した。4年前、アメリカの連邦債務残高はGDPの62%だったが、現在は約100%。IMF(国際通貨基金)によれば、16年には115%まで増える見込みだ。

 アメリカはイタリアと違い、ドルを好きなだけ刷れるから問題ないと、エコノミストは主張する。つまりアメリカは通貨の切り下げや供給量増加によって、借金の一部を帳消しする権利を留保しているということだ。

 私が外国人投資家なら(アメリカの公的債務の半分は外国人が保有する)、それを聞いて不安になるはずだ。そしてある時点で、リスクの埋め合わせを要求するかもしれない──国債の利回り上昇という形で。

 アテネ、ローマ、ワシントン。恐るべき借金の連鎖こそ、帝国の都をただの観光地に転落させる一番の近道なのだ。

[2011年11月23日号掲載]

ニュース速報

ワールド

焦点:冬を迎えた欧州、コロナ流行でインフル激減の可

ワールド

米、中国との文化交流5プログラム廃止 「政治宣伝に

ビジネス

ドル小幅高、英EU通商協議停止で=NY市場

ビジネス

米国株248ドル高、雇用統計低調で追加支援策に期待

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 6

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 7

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 8

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 9

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 10

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 5

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 8

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 9

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月