最新記事

テクノロジー

タブレット戦争でiPadに勝つ法

HPは撤退、サムスンもソニーもパッとしないタブレット型端末市場で、アップルに勝負を挑むアマゾンのロースペック戦略

2011年10月14日(金)16時04分
ファハド・マンジュー

予想的中? 9月28日にアマゾンが発表した「キンドル・ファイア」を試す記者たち Shannon Stapleton-Reuters

 ヒューレット・パッカード(HP)は8月18日、タブレット機「TouchPad」の生産中止を発表した。といっても、意外だったのは決断の速さと思い切りの良さくらいだ。過去1年間にアップルのiPadに対抗して発売されたタブレット型端末は、主なものだけでもTouchPadを含めて4つ。どれも失敗しているが、ほとんどのメーカーは往生際が悪い。

 その点、HPは潔い。7月に発売されたTouchPadはHPの触れ込みとは大違いだった。バグが多く、アプリケーションが不足し、持ってみると安っぽく感じた。売れないのも無理はなかった。HPは現実を認めた──誰がiPadよりもTouchPadを選ぶだろう?

 HPの決断で、アップルのほかのライバルたちも目を覚ますはずだ。彼らも不採算部門から撤退して戦略を見直すべきだ。

 タブレット市場を制したいメーカーはどこも、iPadを上回るスペックを約束してきた。iPadより速い、あるいは制約が少ない──アドビ・フラッシュが使えるし、USBなどのスロットのおかげでより多くの周辺機器を接続できる、と。

 その戦略は失敗した。iPadの累計販売台数は6月末で2500万台、今年末までにその2倍に達する見込みだ。人々はiPadの「欠点」を気にするどころか、むしろ魅力の一部と考えている。パソコンの代わりにiPadを買うわけではなく、パソコンから逃れたくて買う。メールやネットや動画を楽しむには、iPadのほうが便利で簡単だ。

 だから、iPadより多くのことができると訴えるのは無意味だ。タブレット市場では、面倒な思いをして多くのことができるより、「より少ないことをより完璧にやれる」ほうがいい。

カメラもなく速くもない

 そこで提案。iPadより少ないことをより完璧にできるタブレットを作るべきだ。iPadより遅く、フラッシュは使えない。テレビ会議や映像編集もできない。マルチタッチなんて論外。バッテリー駆動時間もiPadにかなわない。

 その代わり、大量の本や音楽や映画のライブラリーに瞬時にアクセスできる。薄くて軽く、すぐに起動し、ユーザーインターフェースは滑らかで直感的。アプリケーションのストアでは、あまり速くないプロセッサでサクサク動くアプリだけを売る(パズルゲームはできるが、3Dの射撃ゲームは無理という具合)。極め付きは価格で、200ドルという安さだ。

 こんなことができるのは、アマゾン・ドットコムのジェフ・ベゾスCEOしかいない。ウォール・ストリート・ジャーナル紙は7月、アマゾンがタブレットを今秋にも発売すると報じた。記事によれば、グーグルのOS「アンドロイド」がベースで、カメラは搭載しない。

 ITジャーナリストのジョン・グルーバーによると、アマゾンは自社のタブレット用にアンドロイドの仕様を変更。安価なタッチスクリーンを使用し、マルチタッチ機能も10本の指を認識するiPadと違い、指2本だけという噂もある。

 カメラも、凝ったマルチタッチもなし。アマゾンはiPadより少ない機能のタブレットを作ろうとしているらしい。そうなると問題は、より完璧にできるかどうかだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

デンマーク、ロシア産原油輸送の「影の船団」阻止を検

ワールド

ロシア拘束の米記者、スパイ容疑の審理非公開で実施 

ワールド

NATO加盟20カ国超、24年に国防費2%目標達成

ワールド

米印、貿易や産業協力の障壁巡り対応へ 「技術流出防
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 5

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 6

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 7

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 8

    ジョージアはロシアに飲み込まれるのか

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中