コラム

バイデンの「大人外交」は実は血みどろ(パックン)

2021年03月19日(金)16時30分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

A "MATURE" DIPLOMACY / (C)2021 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<記者殺害事件でサウジアラビアと皇太子を厳しく批判する......はずだったバイデン政権だが>

ワシントン・ポストなどに寄稿するサウジアラビア人記者、Jamal Khashoggi(ジャマル・カショギ)。サウジアラビア政府のイエメンへの軍事介入やカタールへの経済封鎖、またメディア弾圧、イスラム過激派への援助といった国内政策、そしてサウド家の王政や最高実力者のムハンマド・ビン・サルマン皇太子をも、自らの危険を顧みず批判してきた勇者......だった。

カショギは2018年10月に、トルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館で殺された。バラバラにされた遺体はいまだ見つかっていない。骨の切断用具を持参し犯行に及んだのはサウジアラビアの殺し屋チーム。命令したのはムハンマド皇太子だ。風刺画でのこぎりに付いている「MBS」はムハンマドのイニシャル。芸人としてこれで「あいうえお作文」でも作りたいが、命懸けの大喜利はやめよう。

アメリカ政府は先月、皇太子がカショギの殺害計画を承認したことなど、事件の詳細をまとめた報告書を公表した。前政権はその内容を知っていたはずだが、トランプ前大統領はサウジ政府や皇太子に対する批判も制裁もしなかった。

ジョー・バイデンは大統領選中、人権を重視するアメリカ本来の外交姿勢を取り戻すため、サウジアラビア政府を「パーリア(のけ者)にする」と公約していたので期待が集まっていた。ところが就任後も結局はサウジアラビアや皇太子を批判していない。公約を聞き間違ったかな? 「パエリアにする」と、ファミレスの注文を決めていただけかもね。

なぜひるんだのか? サウジアラビアは大事なパートナー国だからだ。対テロ戦やパレスチナ問題、イランへの牽制、イラン核合意への復帰においても、アラブ諸国のリーダーとしてサウジアラビアの協力は欠かせない。

さらに、5つもの米軍基地を抱える軍事パートナーで、アメリカの軍需産業にとって世界一のお得意さんでもある。もちろんアメリカが突き放したら、中近東でのプレゼンスを高めようとしている、人権問題を全く気にしない中国が喜んでその穴を埋めに来る。

そんなわけでサウジの次期国王を殺人鬼扱いできないと、バイデンは外交上の「大人の判断」をしたのだろう。理解できても納得しづらい。カショギならどう評価したかな。

【ポイント】
THIS IS WHAT DIPLOMACY LOOKS LIKE

外交っていうのはこういうもんよ

CAUTION: BLOODY ALLIANCE
注意:血塗られた同盟関係

KHASHOGGI MURDER(床に書かれている血文字)
カショギ殺害

 2022080916issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年8月9日/16日号(8月2日発売)は「世界が称賛する日本の暮らし」特集。日本人が気付かない日本の魅力を16人に聞いた。パックン/アルトゥル/カン・ハンナ/レニック/本音座談会…


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

英、オミクロン対応2価ワクチン承認 世界初 モデル

ワールド

ザポロジエ原発に新たな砲撃、ロ・ウクライナ相互に非

ワールド

独、戦闘機など13機をインド太平洋に派遣 平時で最

ワールド

米国防長官がコロナ検査で陽性、症状は軽微

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

※次号は8/17(水)発売となります。

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 2

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局」は完全に逆転した

  • 3

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 4

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 5

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 6

    「暗号資産」も「仮想通貨」も間違った呼び方です(…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 9

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 10

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 10

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中