コラム

実害を及ぼすアメリカの陰謀論はもう笑えない!(パックン)

2021年02月20日(土)15時00分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
実害を及ぼすアメリカの陰謀論はもう笑えない!(パックン)

No Longer Funny / (c)2021 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<陰謀論は面白いが、陰謀論者が連邦議員に当選したらもうちっとも面白くない>

陰謀論はキラーコンテンツだ。証拠も根拠もない荒唐無稽な主張はよくメディアに取り上げられる。面白いから。しかし、陰謀論に基づいた事件が起きると面白みが一瞬で消える。

「ヒラリー・クリントン率いる闇組織がピザ屋を拠点に児童の売買春をしているって?! ハハハ! ウケる~!」となるのが本来の展開。でも、陰謀論を信奉する運動QAnon(Qアノン)の前兆であるこの「ピザゲート」という陰謀論を信じた男が実際にピザ屋を銃撃したとき、笑えなくなった。

「ユダヤ人がわれわれ白人に取って代わろうと移民を招き入れている」という陰謀論もばかばかしくて笑えそう。だが、「ユダヤ人は取って代わるな!」と唱えながら行進した白人至上主義者が彼らに抗議する人をひき殺した日に、笑いが消えた。

「大統領選に不正があった」という主張も、複数の裁判で「笑い飛ばされた」が、そう信じたトランプ支持者が連邦議会議事堂に乱入し、警察官を殺害して、喜劇が悲劇に変わった。

「被害者が出るまでは面白い」という陰謀論ばかりではない。20人の小学生が射殺されたコネティカット州の銃乱射事件や、17人が亡くなったフロリダ州の高校での乱射事件を「自作自演の作り話だ」と主張する陰謀論は最初から面白さゼロ。

最近は陰謀論に対する意識が変わってきた。面白がるのではなく、実害を伴うものとして怖がる、嫌がる、そして取り締まる傾向が見えてきた。

風刺画では陰謀論者への罰はWoven from the silken hair of conspiracy theorists(陰謀論者の輝く髪で編まれた)拘束衣(straightjacket)として描かれている。実際には不正選挙説を広めるこの枕メーカーのマイク・リンデルCEOは、デパートを含む取引先から看板商品のマイピローの販売契約を切られた。陰謀論ほど安眠できないピロートークはないからね。

そして選挙不正だけではなく、ここで紹介した陰謀論を全部広めているマージョリー・テイラー・グリーン(Marjorie Taylor Greene)も下院の委員会から除名された。そう! 陰謀論者が連邦議員に当選したのだ! もうちっとも面白くない。

【ポイント】
HI, I'M MIKE LINDELL, INVENTOR OF MYPILLOW. INVITING YOU TO TRY MY LATEST PRODUCT: MYSTRAIGHTJACKET

やあ、私は「マイピロー」の発明者、マイク・リンデル。今日は最新商品の「マイストレートジャケット」をご紹介しよう。

MORE COMFORTABLE THAN A QANON T-SHIRT
QアノンのTシャツより良い着心地

MYSTRAIGHTJACKET IS 100% MADE IN WHAT USED TO BE AMERICA! GET YOURS TODAY!

マイストレートジャケットの原料は100%「かつてアメリカだったもの」! 本日ご注文をどうぞ!

I WOULDN'T STORM THE CAPITOL WITHOUT ONE!
議事堂の襲撃にぴったりな一着!

<本誌2021年2月23日号掲載>

20210309issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

3月9日号(3月2日発売)は「人民元研究」特集。一足先にデジタル化する人民元の本当の実力――中国の通貨はやがて世界を制するのか。[PLUS]「王者」米ドル、栄光と挫折の歴史

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

暗号資産売買高、2月は17%増=調査会社

ワールド

WHO、中国調査報告を今月中旬に公表

ビジネス

米債利回り上昇、景気見通し改善を反映=セントルイス

ワールド

ローマ教皇がイラク訪問、暴力終結や宗教間の融和訴え

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 4

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 5

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 6

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 7

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 8

    医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

  • 9

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 10

    日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!