コラム

トランプは「弾劾絶壁」に立たされている?(パックン)

2019年05月09日(木)19時00分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプは「弾劾絶壁」に立たされている?(パックン)

The Impeachment Dilemma / (c) 2019 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<トランプの悪事はムラー報告書で明らかになったのに、民主党は政治的リスクを恐れて弾劾には及び腰>

弾劾だ! アメリカの選挙に不法介入しようとする敵対国の支援を受けた人が大統領選に当選していいのか? 選挙中にその国の情報戦に手を貸していいのか? 対立候補へのハッキングを促していいのか? 側近16人が100回以上にわたりその国の人と連絡を取り合っていいのか? No!

大統領になってから、選挙介入や共謀について捜査中のFBI長官を解任したり、捜査範囲を制限しようとしたり、恩赦の示唆や脅迫で他人の証言に影響を与えようとしたりして、司法妨害をしていいのか? No!

ロバート・ムラー特別検察官の報告書開示を受け、こんな論調で、次期大統領選の有力候補であるエリザベス・ウォーレン上院議員をはじめ多くの民主党員がドナルド・トランプ大統領の弾劾を熱く呼び掛けている。当然だ。司法省の指針によりムラーは大統領を訴追できないが、その報告書に記されている行為は弾劾に十分値するものだろう。何も制裁がなければ、上記の行為は全部「Yes! やっていいことだ」になる。

しかし、弾劾自体にも No! という民主党員も多い。大統領選の候補の1人、バーニー・サンダース上院議員やナンシー・ペロシ下院議長などは弾劾に伴う政治的なリスクを恐れ、眉間にしわを寄せている。まあ、2人の年を足すと160歳ぐらいになるから、最初からそれなりにしわはあったけど。

98年にはビル・クリントン大統領が偽証と司法妨害の容疑で議会の弾劾裁判にかけられた。野党・共和党が支配していた下院で手続きが始まったが、上院では「有罪ではない」と認定された。共和党は権力乱用で大統領をいじめているようにもみられ、クリントンは高支持率を維持。そんな弾劾の逆効果が、「政治的なリスク」だ。

風刺画では、ロバ(民主党のシンボル)に向かって Pick your poison(お好みの毒を選んで)とトランプが言っている。アメリカでよく聞くおしゃれなフレーズだ。普通はお酒を勧めるときに使うが、ここでは2種類の猛毒を提供している。Failed impeachment(弾劾の失敗)でトランプ再選を取るのか? それとも、Let him get away with it(おとがめなしで大統領を逃がす)にするのか? バーテンにだけおいしいメニューだね。

僕の読みだと、下院はムラー報告書の内容をさらに探る捜査を続けて、大統領の罪を少しずつ明かしながら来年の大統領選挙に備える。「弾劾の準備」をしても正式な弾劾に踏み切らない。でも慎重にやらないと! 一歩でも踏み違えたら命取りになる、まさに「弾劾絶壁」に立たされているから。

<本誌2019年05月14日号掲載>

(編集部より訂正とお詫び)掲載当初、「共和党は権力乱用で大統領をいじめているようにもみられ、クリントンは高支持率を維持。次の選挙で2期目を余裕で勝ち取った。」とありましたが、「2期目を余裕で勝ち取った」は事実ではないため、削除しました。訂正してお詫びいたします(2019年05月14日)。

20190514cover-200.jpg
※5月14日号(5月8日発売)は「日本の皇室 世界の王室」特集。民主主義国の君主として伝統を守りつつ、時代の変化にも柔軟に対応する皇室と王室の新たな役割とは何か――。世界各国の王室を図解で解説し、カネ事情や在位期間のランキングも掲載。日本の皇室からイギリス、ブータン、オランダ、デンマーク王室の最新事情まで、21世紀の君主論を特集しました。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

MAGAZINE

特集:とっておきの世界旅50選

2019-7・16号(7/ 9発売)

イタリアの秘めた名所から沈船ダイビング、ゾウ保護区まで、ひと味違う体験を楽しみたい人向けの旅行先50

※次号は7/17(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

  • 2

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の指摘は重大な挑戦」

  • 3

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立の行方

  • 4

    なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

  • 5

    2019年上半期グーグル人気検索キーワード発表 韓国…

  • 6

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 7

    「貧困の壁を越えたイノベーション」湯浅誠がこども…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 7

    輸出規制への「期待」に垣間見る日韓関係の「現住所」

  • 8

    なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!