プレスリリース

ROY株式会社、インドネシアに建築研修センターを開校 建築職人達の直接技術指導による技能実習生育成を実施

2024年05月02日(木)15時00分
ROY株式会社(代表取締役:大石 竜次)は、2024年4月23日にインドネシア・カラワンに建築研修センターを開校し、国際的な技術者の育成を開始します。日本人の建築職人達がインドネシアにわたり、自前の設備の中で継続的に直接技術指導を行うのは日本・インドネシア共に国内初(※当社調べ)の取り組みです。
インドネシアは、現在外国人を雇用する際の主要な注目国とされており、厚生労働省が発表している「外国人雇用状況」の届出状況によると、日本におけるインドネシア人の外国人労働者の数は、121,507人(令和5年10月末時点)と外国人労働者全体の約6割を占めているほか、対前年56.0%増と勢いを増しています。インドネシアには多数の日本語学習者が存在し、日本で働くことに対して非常に興味を示しています。この国の若者たちは、就職の機会を探求しており、これが日本の企業とインドネシアの労働者との間でのマッチングの可能性を高めています。
本校の主な目的は、日本国内の建設業をはじめとする分野での労働力不足に対応するため、高度な技術スキルを持つ外国人技能実習生を育成することであり、初年度には500名の学生の受け入れを予定しています。
建築研修センターは今後、ジャカルタ・バンドン・バリ島での開校も予定しており、特定技能人材として飲食料品製造業や、2024年度から新たに追加されたタクシーやバス、トラックの運転手の分野にも拡大し、5年後には年間3,000名の卒業生を送り出す計画です。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/393822/LL_img_393822_1.jpg
LPK MOMOTARO NIHONGO GAKKOUの生徒たち

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/393822/LL_img_393822_2.jpg
開校式でテープカットをするROY株式会社・大石代表(右)

この建築研修センターは、日本の建築技術を基にした人材育成プログラムを提供します。
建築研修センターは、すべて日本から輸入した建築部材で建設されており、この建物を実際に解体し、再構築することでリフォーム技術を学びます。さらに、この実践的なプロセスを通じて、学生たちは専門的な技術を深く理解し、実際の建築現場で直面するさまざまな状況に対応する能力を身につけることが期待でき、応用力の高い技術の習得を目指します。
また、学生たちは建設現場で求められる専門技術だけでなく、プロジェクト管理や品質保証の方法も学んでいく予定です。また、日本人職人による直接指導を受けることで、日本の職場文化やビジネスマナーについても深く理解を深めることができます。

人材育成プログラムは、日本の職場環境に適応可能な実践的な大工工事、内装工事、外装、工事、屋根工事、太陽光設置工事といった技能を身に付けることを目指しています。日本へ人材を派遣する事ができる日本政府との2国間協定に基づきインドネシア政府に登録したライセンスを保有している日本語学校『LPK MOMOTARO NIHONGO GAKKOU』と提携することで、学生たちは一般的な日本言語を学ぶだけでなく、建築の専門用語に加え、現場で必要なコミュニケーション能力を養うことを目指しています。

LPK MOMOTARO NIHONGO GAKKOUはインドネシア国内で高い評価を受けており、日本企業が求める具体的な技術要件に合わせた教育を実施しています。この強固なパートナーシップを背景に、ROY株式会社は学生の教育から就職まで一貫したサポートを提供し、また日本国内の企業との就職マッチングにも積極的に取り組んでいます。

今回の建築研修センター開校は、国際的な技術交流の推進と多文化間の理解促進にも寄与するものです。ROY株式会社は、技術者不足の解消に向けた具体的な取り組みとして、この建築研修センターが果たす役割に期待を寄せています。今後も同社は、グローバルな視点での人材育成と技術の普及に努め、持続可能な社会の実現に貢献していく方針です。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/393822/LL_img_393822_3.jpg
技能実習生を育成する建築研修センター4/23オープン(インドネシア・カラワン)

【ROY株式会社について】
ROY株式会社は、一級建築士事務所として神奈川県知事から認定されており、建築・土木工事、害虫害獣駆除、総合リフォーム、造園、電気工事、空調設備工事、給排水衛生設備工事、住宅向け太陽光発電システム・蓄電池システムなど、多岐にわたる事業を展開しています。2009年の設立以来、技術力と迅速な対応で業界内外から高い評価を受けており、特定建設業の許可も国土交通大臣から得ています。

ROY株式会社は、持続可能な社会の構築に向けて、技術革新と人材育成に注力しています。今後も、業界の発展を支え、社会に貢献するために、技術と人材の双方の発展に注力し続けることを目指しています。


【会社概要】
会社名 : ROY株式会社
代表取締役 : 大石 竜次
設立 : 2009年1月23日
資本金 : 9,000万円(グループ全体:1億9,000万円)
従業員数 : 社員数 320名
ホームページ: https://roy-g.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

経済の道行きに変更「想定せず」、官房長官 定額減税

ビジネス

米イーライリリー、インディアナ新工場に53億ドル追

ワールド

北朝鮮、衛星打ち上げを日本の海保に通告 6月4日午

ワールド

米政府、豪ビクトリア州から鳥類輸入禁止 鳥インフル
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中