プレスリリース

テキストマイニング結果の理解と業務活用を促進する「VextInsight powered by ChatGPT」の提供を開始

2024年01月31日(水)08時30分
ベクスト株式会社(代表取締役社長:小橋 寿彦、本社:東京都目黒区、以下 ベクスト)は、テキストマイニングツール「VextMiner」の最新オプションとなる「VextInsight powered by ChatGPT」の提供を開始しました。


ChatGPTを中心に注目を集める生成AIをビジネスシーンでどのように役立てる事ができるのか、現在多くの企業において新技術活用へ向けた取り組みが行われています。自然言語処理(NLP)領域を専門とするベクストの「VextInsight powered by ChatGPT(以下 VextInsight)」は、独自のテキストマイニング技術とChatGPT(※)の推論能力を組み合わせることで、テキストマイニングによる分析結果からデータ特徴の発見や想定要因の深掘りを行い、さらに業務改善アドバイス等の丁寧な解説文章を自動生成することで、企業の知的生産活動を強力に支援します。また、VextInsightにより生成された各種解説は、VextMinerによる分析結果と連動し、根拠や関連情報を簡単に確認することができるようになっています。
本機能で分析担当者を強力サポートし、分析スキルや業務知識に関わらず誰もが簡単にデータ特徴を、深く・いち早く理解して業務活用のための気づきを得ることを実現します。
併せて2024年2月1日(木)より無料トライアルキャンペーンも実施し、2024年2月14日(水)には本製品の解説セミナーを開催します。詳細は「無料トライアルキャンペーンのご案内」「関連セミナーのご案内」をご参照ください。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/383211/LL_img_383211_1.png
VextInsight powered by ChatGPT概要図

※Azure OpenAI ServiceのChatGPT APIを利用し、エンタープライズレベルの高セキュリティを実現しています。


【VextInsight powered by ChatGPTの特徴】
■VextMiner上に独自のアシスタント機能をオプション搭載
VextMinerによる分析結果から、重要なデータ特徴を自動でピックアップ(例:時系列の分析結果から、直近で急増傾向などの特徴的な変動のある話題に注目/様々な属性情報をかけ合わせた分析結果から、特定話題で頻出する属性情報に注目)し、それぞれの特徴に対する想定要因や業務に役立てるためのアドバイスなどを丁寧な解説文で生成します。また、分析者自体が知りたいポイント等を質問することもでき、個々の分析目的に合わせた活用が可能になっています。

■生成結果に対する根拠の確認機能も搭載
VextInsightによって生成された解説は、VextMinerの分析結果と連動しており、根拠となった分析結果の対応箇所の確認やテキストデータの原文参照(全件)をワンクリックで行えるようになっています。「主要な特徴(生成された解説)/分析結果の全体像/実際の原文単位の情報」という抽象度の異なる情報をシームレスに行き来できる本機能により、分析結果に対する深い理解を短時間で得ることを実現しています。また、本機能により、生成AI特有のハルシネーション(=事実に基づかない情報)チェックも可能となります。

■書き言葉や会話テキストデータに対応可能
アンケートや応対履歴などの書き言葉、音声認識テキストやチャットログなどの会話データに対応しています。


【VextInsight powered by ChatGPTの画面イメージ】

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/383211/LL_img_383211_2.png
VextInsight powered by ChatGPTの画面イメージ

リリースは2024年1月18日(木)となり、テキストマイニングや音声マイニング、チャット分析などのVOC分析を検討中の企業を中心に販売・導入していく予定です。いずれの製品においてもオンプレ/クラウド双方での提供が可能となり、Vextシリーズの導入ノウハウを有するパートナー企業各社より導入・提案が可能です。

※Vextシリーズのパートナー企業、詳細についてはこちら
( https://www.vext.co.jp/partnership/ )


■無料トライアルキャンペーンのご案内

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/383211/LL_img_383211_3.png
無料トライアルキャンペーン

1ヶ月間 VextInsight powered by ChatGPTを無料でご利用いただけます。
対象 :VextCloudエンタープライズコースをご契約中のお客様
応募受付期間:2024年2月1日(木)~2024年3月31日(日)

※VextInsightのご利用にはVer.18.00以上のパッチ適用が必要となります。
その他、前提条件については詳細ページをご覧ください。

詳細はこちら: https://www.vext.co.jp/information/4543/


【関連セミナーのご案内】
オンラインセミナーにて本リリースの詳細をご紹介いたします。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/383211/LL_img_383211_4.png
ChatGPT×テキストマイニングを業務活用するソリューションセミナー

ChatGPT×テキストマイニングを業務活用するソリューションセミナー
自動要約ツール「VextResume+powered by ChatGPT」、
分析支援オプション「VextInsight powered by ChatGPT」のご紹介

開催日程: 2024年2月14日(水)14:00~15:00
参加費 : 無料
主催 : ベクスト株式会社
お申込み: https://www.vext.co.jp/seminar/4546/


【会社概要】
ベクスト株式会社
代表取締役社長: 小橋 寿彦
設立 : 2013年3月
本社 : 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー7F
URL : https://www.vext.co.jp


【本件に関するお問い合わせ】
ベクスト株式会社 営業部
担当 : 伊藤
TEL : 03-4590-6755 (代表)
E-mail: vext_press@vext.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

英CPI、4月は前年比+2.3% 予想ほど鈍化せず

ビジネス

中国人民銀、5月の融資拡大を金融機関に指示=関係筋

ビジネス

新発10年国債利回り1.0%に上昇、日銀正常化なら

ビジネス

S&P、ソフトバンクGの長期格付けを「BB+」に引
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 5

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 6

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 7

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「韓国は詐欺大国」の事情とは

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中