最新記事
シリーズ日本再発見

【動画完結】日本通外国人が激論!『はじめてのおつかい』評、日本の治安、子育て、内向きな若者たち

WHY WE LOVE LIVING IN JAPAN

2022年10月12日(水)11時25分
ニューズウィーク日本版編集部
石野シャハラン、周来友、西村カリン、トニー・ラズロ

(左上から時計回りに)石野シャハラン、周来友、西村カリン、トニー・ラズロ NEWSWEEK JAPAN

<日本の暮らし、ここが好き! 日本観察のエキスパートたちが、外国と比べた日本の利点から課題までを語り合った>

イラン出身の異文化コミュニケーションアドバイザー、石野シャハラン。フランス出身のフリージャーナリスト、西村カリン。中国出身の経営者でジャーナリスト、周来友。『ダーリンは外国人』の主人公で、アメリカ出身のトニー・ラズロ。

東京在住で、ニューズウィーク日本版のリレーコラム「Tokyo Eye」の執筆者である4人に、この国の暮らしやすさについてオンライン座談会で語ってもらった。

◇ ◇ ◇

magSR20220920-nishimura220.jpg
――『はじめてのおつかい』という日本の番組がネットフリックスで全世界に配信されており、各国で話題になった。あの番組の人気がこの特集を企画するきっかけだったのだが、皆さんは見ましたか。

■西村 フランスに住んでいる妹から連絡があり「見ているか」と聞かれた。見てみたら、やはり面白い。妹が驚いていたのは、小さい子供が一人でスーパーに行き、親が頼んだ物を買って、一人で帰ってくること。フランスではあまり考えられない。

日本の田舎の風景や一般家庭の中、あるいはスーパーの品ぞろえとか、フランスになく、ほかでは見られないものがたくさん見られることも魅力の1つだと思う。後は、やはり子供のかわいさ。顔つきや態度、持っている物がフランス人の子供とは違うので、そこもとても面白い。

magSR20220920livinginjapan-2.jpg

『はじめてのおつかい(英語名はOld Enough!)』が配信され世界各国で話題になった 「はじめてのおつかい」NETFLIX, ISTOCK (FRAME)

magSR20220920-ishino220.jpg
■石野 私は日本テレビで放送していたときに、ほぼ全部見たと思う。ネットフリックスに出たときも6歳の娘と一緒に見たが、娘は本当に集中して見ていた。

イランでも、地域の人を大体全員知っているような下町だと「ナンを買ってきて」みたいな感じはあり得る。でもそれは誰の子供だとか、誰の弟だとか分かっているからできること。それ以外の場所ではちょっと考えられない。やっぱり『はじめてのおつかい』は日本の治安の良さを表していると思う。

そう思っていない日本人は意外といるんですよね。カメラが付いているとか、やらせだと思っている。でもカメラがあっても治安が悪い所では、こういうことはできない。

magSR20220920-laszlo220.jpg
■ラズロ 私は8歳から1人で新聞配達をして、集金もしていました。今のアメリカでは子供はもっと保護されていて、たぶん8歳では新聞配達はできない。でも私の子供時代には、自立心のある子には背中を押すようなことをしていたと思う。

magSR20220920-zhou220.jpg
■周 この番組がすごいのはガチンコで、やらせがあんまりないこと。日本じゃないとなかなか作れない、いいコンテンツだ。一度出演した子供が成長してどうなったかを追跡しているのもいい。3歳の時こうだったのが、その後こうなったというのを見るのもすごく楽しい。


<<4人の座談会は「ニューズウィーク日本版」YouTubeチャンネルでも公開中!>>

日本のサービスは「世界一と言っても過言ではない」

――日本の暮らしやすさを考える上で治安は大きな要素だが、それ以外に思い付くものは?

■周 やっぱりコスパがいいんですね、日本の生活は。人々にも思いやりがある。例えば車椅子の人が電車に乗るときは駅員が板を使って補助し、周りの人も文句を言わず見守る。今はどうか分からないけど、僕が中国にいたときは障害者が安心して出掛けられる環境ではなかった。

もう一点、多様性があって平等なところ。金持ちはそんなに見せびらかさず、お金のない人もあまり不満をぶちまけない。良く言えば調和した社会。悪く言えば、身の丈に合う暮らし方をして、ちょっとわきまえなきゃいけない雰囲気がある。それでどうしてもやっていけなければ、政府が面倒を見てくれる。

Tokyo Eyeのコラムに書いたけれど、やっぱり日本は一番成功した社会主義国家かなと思う。そういうふうに言うと、日本人の皆さんに怒られるんだけど。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国GDP、第1四半期は前年比5.3%増で予想上回

ワールド

米下院、ウクライナ・イスラエル支援を別個に審議へ

ビジネス

中国新築住宅価格、3月は前年比-2.2% 15年8

ビジネス

仏BNPパリバ、中国で全額出資の証券会社 3年がか
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 3

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 4

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 5

    キャサリン妃は最高のお手本...すでに「完璧なカーテ…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    イスラエル国民、初のイラン直接攻撃に動揺 戦火拡…

  • 9

    甲羅を背負ってるみたい...ロシア軍「カメ型」戦車が…

  • 10

    中国の「過剰生産」よりも「貯蓄志向」のほうが問題.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中