最新記事

シリーズ日本再発見

話題作『全裸監督』が黙して語らぬ、日本のミソジニー(女性憎悪)

Stripping Down 'The Naked Director'

2019年10月24日(木)15時00分
岡田育(文筆家、ニューヨーク在住)
話題作『全裸監督』が黙して語らぬ、日本のミソジニー(女性憎悪)

エロにバブルにヤクザ……異国情緒あふれる日本の風俗がテンコ盛り

<ポルノ先進国の日本が放ったネットフリックス最新作――20世紀のジェンダー観は「世界の青春物語」になり得るか>

できれば手放しで褒めたかった。『全裸監督』の感想を聞かれると、そう答えている。

ストリーミング配信サービス・ネットフリックスのオリジナルドラマのことだ。80年代に「ハメ撮りの帝王」と称されたAV監督・村西とおると、彼の監督作でデビューした黒木香を主人公に据えた作品である。

かつて婦人誌編集者として日本のポルノ業界に取材を重ねた筆者は、なじみ深い題材を扱った日本発の意欲作に、大いに期待を寄せていた。配信と同時にニューヨークの自宅で全8話を視聴し、はや2カ月がたつ。

数字の上では、非常に好調である。シーズン1の配信開始は今年8月8日、同16日には早くもシーズン2の制作が発表された。今まで国内で制作された同社オリジナル作品の中で最も多く見られたタイトルとなり、新規顧客獲得にも大きく寄与した。

現在190カ国以上で配信中、12言語吹き替え、28言語字幕に対応。香港・台湾・シンガポールおよび東南アジアの数カ国では、ランキングのトップ10に入る勢いだという。

しかし、商業的成功の裏で日本語圏では「炎上」も続く。虚実ない交ぜの確信犯的な物語構造に対して、高評価と同じかそれ以上に、制作過程のモラルを疑問視する声も大きい。ウケれば何でも許されるのか?

近年、日本のAV業界ではいわゆる出演強要問題が波紋を広げている。不十分な契約の下、望まぬ形で出演させられたポルノ作品がのちのちまで流通し続ける被害実態が多数報告され、極めて重大な人権侵害として業界の体質改善が求められている。米映画業界発の#MeToo(私も)ムーブメントを皮切りに、全世界で性暴力被害告発が相次ぐ最中でもある。

zenra02.jpg

日本ではAV女優の黒木香役を演じた森田望智の熱演が話題に

『全裸監督』のプロモーションは、そうした時流に真っ向から逆らった。「なんだか窮屈な時代だからこそ、人間のありのままをお楽しみいただきたい」。不謹慎は承知の上、と言わんばかりの宣伝文句に快哉を叫ぶ中高年もいたが、30代の筆者の感覚からすると、不当な搾取が横行した時代の性産業を美化しているようにも受け取れる。

実在の人物名の取り扱いも気に掛かる。村西とおるは現在もメディア取材に応じている一方で、黒木香は90年代に現役を完全に引退した。その後の消息や私生活を探る報道、出演作の再版といった動きがあるたびに、プライバシーおよび肖像権の侵害に当たると損害賠償請求を重ねている人物だ。両名はこのドラマの制作に関与しておらず、権利関係に関してネットフリックス側は黙秘を貫いている。

「黒木氏の同意や許諾を得ずに実名を利用したのか」「彼女の半生を蒸し返して娯楽消費すること自体が『忘れられる権利』の侵害だ」といった厳しい批判を、どう受け止めるのか。

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 4

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 8

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!