コラム

チェチェンでサッカーW杯?

2010年12月20日(月)15時22分

 2018年のサッカーW杯はロシアで開催されることが決まったばかり。そして今、南部チェチェン共和国がW杯の試合を行いたいと名乗りを上げている。

 チェチェン共和国といえば、長年独立を目指してロシアと戦ったイスラム系住民が中心の地域。大統領の暗殺や追放を経て、現在ではロシア政府の傀儡といわれるラムザン・カディーロフが、ウラジミール・プーチン首相の「指名」で首長(共和国大統領から改称)として君臨している。

 このカディーロフの評判はすこぶる悪い。チェチェン人武装勢力出身で、現在チェチェンで恐怖政治を敷いている。カディーロフはテロとの戦いを口実に独自のイスラム的模範を国民に押し付け、チェチェンでは武装勢力による反カディーロフ(そして反ロシア)のテロ事件が日常的に発生。今年8月末、カディーロフの故郷の村が武装勢力に襲撃され、10月にも首都グロズヌイの議会庁舎が襲撃されて特殊部隊と武装勢力が銃撃戦になった。

 それだけではない。権力に対して命がけで立ち向かうロシアのジャーナリストたちを追った『暗殺国家ロシア』(福田ますみ、新潮社刊)では、チェチェン当局による迫害をロシアの独立系全国紙で実名告発したイスラム教徒の行方不明事件が紹介されている。カディーロフは「さながら、広域暴力団組長のような大統領」とも呼ばれているという。

 本誌の記事では、「ヒューマン・ライツ・ウォッチによれば、チェチェン戦争が終結したとされる02年以降に治安当局によって『行方不明』になった人は2万人以上に達する」という。ドミトリー・メドベージェフ大統領は昨年、チェチェンがロシア国内最大の政治問題であると発言している。

 さらにロシアでは最近、極右フーリガンによる暴動が発生。民族主義の極右と、熱狂的(で暴力的)なサッカーファン、いわゆるフーリガンが一緒になって暴徒化したのだ。この極右フーリガンは、カフカス地域の出身者たちと衝突して死傷者を出している。チェチェンでW杯の試合が開催されたら、こうしたフーリガンも乗り込んでくるだろう。

 カディーロフは「新しいスポーツ施設を建設中で、試合開催を提案するのは自然なことだ」と公式サイトで発表。だがチェチェンでW杯の試合が行われたとしても、観戦に行くには勇気がいりそうだ。

ーー編集部・山田敏弘

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

ニュース速報

ビジネス

ECB、銀行の配当制限を近く解除も=副総裁

ワールド

米政府、制裁の解除に同意している=イラン当局者

ビジネス

ユーロ圏PMI、6月総合は15年ぶり高水準の59.

ビジネス

日産社長、3年連続赤字「なんとしても回避」 早期復

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中