コラム

チェチェンでサッカーW杯?

2010年12月20日(月)15時22分

 2018年のサッカーW杯はロシアで開催されることが決まったばかり。そして今、南部チェチェン共和国がW杯の試合を行いたいと名乗りを上げている。

 チェチェン共和国といえば、長年独立を目指してロシアと戦ったイスラム系住民が中心の地域。大統領の暗殺や追放を経て、現在ではロシア政府の傀儡といわれるラムザン・カディーロフが、ウラジミール・プーチン首相の「指名」で首長(共和国大統領から改称)として君臨している。

 このカディーロフの評判はすこぶる悪い。チェチェン人武装勢力出身で、現在チェチェンで恐怖政治を敷いている。カディーロフはテロとの戦いを口実に独自のイスラム的模範を国民に押し付け、チェチェンでは武装勢力による反カディーロフ(そして反ロシア)のテロ事件が日常的に発生。今年8月末、カディーロフの故郷の村が武装勢力に襲撃され、10月にも首都グロズヌイの議会庁舎が襲撃されて特殊部隊と武装勢力が銃撃戦になった。

 それだけではない。権力に対して命がけで立ち向かうロシアのジャーナリストたちを追った『暗殺国家ロシア』(福田ますみ、新潮社刊)では、チェチェン当局による迫害をロシアの独立系全国紙で実名告発したイスラム教徒の行方不明事件が紹介されている。カディーロフは「さながら、広域暴力団組長のような大統領」とも呼ばれているという。

 本誌の記事では、「ヒューマン・ライツ・ウォッチによれば、チェチェン戦争が終結したとされる02年以降に治安当局によって『行方不明』になった人は2万人以上に達する」という。ドミトリー・メドベージェフ大統領は昨年、チェチェンがロシア国内最大の政治問題であると発言している。

 さらにロシアでは最近、極右フーリガンによる暴動が発生。民族主義の極右と、熱狂的(で暴力的)なサッカーファン、いわゆるフーリガンが一緒になって暴徒化したのだ。この極右フーリガンは、カフカス地域の出身者たちと衝突して死傷者を出している。チェチェンでW杯の試合が開催されたら、こうしたフーリガンも乗り込んでくるだろう。

 カディーロフは「新しいスポーツ施設を建設中で、試合開催を提案するのは自然なことだ」と公式サイトで発表。だがチェチェンでW杯の試合が行われたとしても、観戦に行くには勇気がいりそうだ。

ーー編集部・山田敏弘

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

再送-日本企業の正当な活動を制約、ロシアに抗議=ト

ワールド

インド政府債務の積極的削減はソブリン格付けにプラス

ワールド

ハリス氏、激戦州で集会 トランプ氏なら「混乱と憎し

ビジネス

トランプ氏のEV支援廃止、競合社の方が打撃大きい=
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story