コラム

キャメロン監督が描く「ヒロシマ」とは

2010年02月23日(火)18時30分

『タイタニック』と『アバター』の2本の映画で共に世界の興行収益記録を塗り替えるという、前人未到の偉業を成し遂げたジェームズ・キャメロン監督。そのキャメロンが、今度は広島と長崎の原爆を映画化しようとしている。

 今年1月19日にアメリカで発売されたノンフィクション『ラスト・トレイン・フロム・ヒロシマ(チャールズ・ペレグリーノ著)』を映画化する権利を、キャメロンが購入したことが報じられた。この本は1945年の8月に広島と長崎で2つの原爆を「二重被爆」した山口彊(つとむ)さんを軸に、被爆の惨状を描いたものだ。

 三菱重工長崎造船所の設計技師だった山口さんは、6日に広島の爆心地から約3キロの地点で被爆し、上半身に重症の火傷を負った。妻子のもとに戻るために8日に列車で長崎に帰り、翌日の9日に爆心地から約3キロで被爆した。

 この本の出版を待たずに、山口さんは今年1月6日に93歳で長崎市の病院で亡くなった。キャメロンは『アバター』の宣伝で日本を訪れていた昨年12月22日に、本の著者ペリグリーノと共に胃がんで病床にあった山口さんを見舞い、山口さんが味わった「苦痛を未来の世代に伝える」気持ちを表したという。

 これまでにも核兵器の爆発を描いたアメリカの映画はあった。2002年に公開されたベン・アフレック主演の『トータル・フィアーズ』は、スーパーボウル開催中の東部バルチモアのスタジアムでテロが持ち込んだ核兵器が爆発する設定だ。最近ではアメリカで2007年に放映された『24-TWENTY FOUR-』の第6シーズンでも小型核爆弾によるテロが発生している。ただ、いずれも核兵器を「巨大な爆弾」と捉えて、爆風の被害しか描いてはいない。

 広島と長崎の原爆被害の残虐さは、爆風だけではない。一般市民が熱線で焼かれ、大量の放射線を浴びせられたことにある。そして真っ先に爆心地に入って援護活動に従事した人たちも「入市被爆」し、亡くなったことにある。

 キャメロンは果たして爆心地のその惨状を映像化できるのだろうか。もし仮に実現したとしても、原爆投下が第2次大戦の終結を早めて米兵の犠牲を少なくさせた、という見方が根強く支持されているアメリカでは、多くの映画館で公開できなくなるのではないか。批判を浴びることも想像に難くない。

 ただ死の淵にあった山口さん本人に面会したことからも、キャメロンの「本気度」はうかがえる。映画監督として未知の領域に到達した今、キャメロンに残されたのは歴史にどう名を刻めるかだけなのかもしれない。

――編集部・知久敏之

他のエントリーも読む

プロフィール

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、「ハリス氏のほう負かしやすい」 バイデ

ワールド

バイデン大統領、米大統領選から撤退表明 「ハリス氏

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 5
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 9
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 10
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story