Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2013.3.19号(3/12発売)

特集:あなたが知らないPM2.5の危険度

2013年3月19日号(3/12発売)

Cover Story

周辺国にも影響を及ぼし始めた中国の大気汚染──
想像を超える汚染物質の健康への影響とは

環境 窒息する中国13億人の未来

対策 想像を超えるPM2.5の本当の破壊力

アジア 北京もびっくり?超汚染都市の現実

中国 土壌汚染という「時限爆弾」

韓国の時代錯誤な核武装論

朝鮮半島 アメリカの核を韓国に再配備しても抑止力が強化されない理由
NEWSBEAST
InternationaList
KENYA ケニア大統領選後の不穏な雲行き
NORTH KOREA 金正恩「火の海」はバカの1つ覚え
AFGHANISTAN
   
タリバンが突然「和平」に転じた理由
INDIA ガンジー家御曹司は首相就任も結婚もイヤ
RUSSIA 反プーチンデモは無駄ではなかった
VENEZUELA チャベスが残した負の遺産
ITALY お笑い芸人の躍進で再選挙へ?
SWITZERLAND 高過ぎる役員報酬に「ノー」
Asia
CHINA 中国新指導部の改革はどこまで進む?
NORTH KOREA
   
周辺住民も見張る北朝鮮収容所の狙い
U.S. Affairs
傲慢さを捨てたオバマの危機感
Business
ダウ最高値更新は企業と株主を潤すだけ
People
オバマ新閣僚の髪形に注目! ほか
FEATURES
国有企業 中国版「軍産複合体」の正体
オークション アート部門の不透明なからくり
教育 大学の海外進出は危険な賭け?
スポーツ 海を渡ったコンゴ少女の夢
医学 脱グルテンのウソと本当
食生活 経済危機で肥満が増える訳
CULTURE
Fashion 怪物ファッションがやってきた!
Movies 中田秀夫が追う3.11の遺族
Movies 『愛、アムール』は究極のラブストーリー
Movies 史上最高齢オスカー候補の素顔
Movies 『汚れなき祈り』のC・フルトゥルに聞く
Toys バカ売れ「無人機おもちゃ」で大騒ぎ

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

  • 2

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗る豚......すべて「白夜」の続き

  • 3

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    仏マクロン政権「黄色いベスト運動」対応で財政拡大 E…

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 8

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 9

    中台関係改善の絶好の機会を、習近平は逃した

  • 10

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 5

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 6

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 7

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 8

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!