Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2009.2.18号(2/11発売)

オバマのベトナム

2009年2月18日号(2/11発売)

Cover Story

アフガニスタン情勢と、戦闘に勝ちながら戦争に勝てなかった「あの戦争」との類似点が増えている。軍を増派しても出口は見えない

部族地域 変わるパキスタン、追われるアルカイダ

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

大統領は危機を突破できるか

アメリカ 共和党の抵抗と米政治の停滞はオバマが主導権を失った証し、リーダーシップと迅速な景気刺激策が今は必要だ
政権運営 大統領が学ぶ「おつき合いの作法」
財政出動 ばらまきはムダじゃない
経済学 ケインズ流に託す1兆ドルの賭け
金融救済策 銀行国有化の反面教師ニッポン

イラク政治にもチェンジの風

イラク 地方選で首相陣営が大勝、市民は宗派を超えて政治家を選びだした

しぼんだチャイニーズドリーム

中国 急増した大学生を景気減速が直撃、就職難で親子2代の夢が消える

企業も政府もグーグルを見習え

新著  称賛本の著者J・ジャービスが説く「金融危機の今こそグーグル」論

散文の錬金術師ジョン・アップダイク

追悼 作家アップダイクは鋭い観察眼で「普通であること」を追い続けた
World Affairs
イラン テヘランとの対話外交の処方箋
パキスタン ギラニ首相「前線国家に支援の手を」
分析 世界経済危機5つの神話
Society & The Arts
不動産 LAの住宅は今がお買い得?
仕事 正規雇用なんてもう古い
ファッション 男は黙ってアウトドア
人種 オバマという希望、現実という失望
視点 わが子の肌はゴールデン
健康 今夜も命がけの「レム睡眠行動障害」
教育 アイビーリーグに行こう!
ベルリン映画祭 不況が映画を盛り上げる
脚本 『バトン』原作は9割無視が丁度いい?
■映画評 心揺さぶられる『ベンジャミン・バトン』
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中