ニュース速報

ワールド

米パーミアン盆地の送油管、半数近くが遊休状態 コロナで生産減

2021年04月14日(水)12時23分

米最大のシェールオイル層パーミアン盆地を始点とするパイプラインの半数近くが、年内に遊休状態になるとみられている。2016年3月撮影(2021年 ロイター/Nick Oxford)

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米最大のシェールオイル層パーミアン盆地を始点とするパイプラインの半数近くが、年内に遊休状態になるとみられている。アナリストや石油企業幹部の話で明らかになった。

2018─19年にかけて、米原油生産が過去最高の日量1300万バレルに急増する中、パイプライン運営各社はこれに対応するため、パイプライン建設を急いだ。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により、燃料需要と石油生産が打撃を受けた。需給とも完全には回復しておらず、多くの送油管が遊休状態となっている。

大手パイプライン運営会社は、遊休パイプラインを使って、他の製品を輸送する方法を模索しているほか、資金調達のため、パイプラインの権益売却を検討している。

新型コロナのパンデミックは、世界のエネルギー供給システムと燃料需要に影響を及ぼした。米国のガソリン消費はピークを過ぎたとみられる中、製油業者の原油処理量が少なく、生産会社もパイプライン輸送を十分に使用できていない。

エネルギー調査会社ウッド・マッケンジーによると、今年第4・四半期までに、パーミアン盆地を始点とする最大規模の石油パイプラインの稼働率は57%に落ち込む見通し。これまで稼働率が最も低かったのは16年の約70%だった。

現在の米原油生産量は日量約1100万バレルで、22年まで大幅な増加は見込まれないが、エネルギー調査会社イースト・ダレイ・キャピタルによると、今後も新たなパイプラインの稼働が控えている。

商社大手トラフィグラのチーフエコノミストは、「石油生産は、22年末まで新型コロナ前の水準に戻らない」との見方を示した。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者1億6

ビジネス

韓国サムスンバイオ、モデルナのワクチン生産巡り「決

ワールド

NZ製造業PMI、4月は58.4に低下 拡大基調は

ビジネス

中国SMIC、売上高予測を上方修正 第1四半期は増

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 6

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 10

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中