ニュース速報

ワールド

情報BOX:米大統領選第1回TV討論会の見どころ

2020年09月29日(火)14時48分

米大統領選の第1回テレビ討論会が29日行われ、共和党候補のトランプ大統領と民主党候補のバイデン前副大統領が対決する。写真は28日、オハイオ州クリーブランドで、討論会の舞台を準備するスタッフ(2020年 ロイター/Brian Snyder)

[ワシントン 28日 ロイター] - 米大統領選の第1回テレビ討論会が29日行われ、共和党候補のトランプ大統領と民主党候補のバイデン前副大統領が対決する。11月3日の大統領選まで残り5週間となる中、討論会の注目度は高い。

討論会は29日夜、オハイオ州クリーブランドで90分間行われ、テレビで中継される。見どころを以下にまとめた。

(1)争点

米紙ニューヨーク・タイムズは27日、トランプ氏が過去15年のうち10年間も所得税を納めておらず、2016、17年の連邦税納付額はそれぞれ、わずか750ドルだったと報道。

トランプ氏はこの報道を「フェイクニュース」と批判し、多額の税金を支払ってきたと主張したが、バイデン陣営はトランプ氏への新たな攻撃材料を手にしたことになる。

バイデン氏は、労働者階級出身の自分の方が億万長者のトランプ氏よりも米国民の経済的苦境をよりよく理解できると強調しそうだ。

また、トランプ氏は討論会で、大統領選での不正や敗北した場合に選挙結果を受け入れるかどうかを巡る過去のさまざまな発言について質問を受けることになる。バイデン氏に平和的な権力移譲を約束するよう迫られた場合にトランプ氏がどう反応するか、注目だ。

トランプ氏が今月死去したルース・ギンズバーグ米最高裁判所判事の後任に保守派のエイミー・バレット連邦高裁判事を指名したことも争点の一つ。トランプ氏は指名を機に、新型コロナウイルス対応などの自らの実績から目をそらし、保守派の有権者層の支持を得ようとする一方、バイデン氏は医療保険制度改革法(オバマケア)の無効化や中絶権が制限される可能性を訴え、指名に反対している。

(2)バイデン氏の適格性

新型コロナ流行により、選挙集会の開催やメディア取材を限定し、公の場から何カ月も遠ざかっていたバイデン氏にとって、今回の討論会は大統領候補としての自らの適格性を改めてアピールする機会となる。

29日の討論会では、バイデン氏はトランプ氏やその政策の批判するだけではなく、質問に正確に答え、失言を避けながら、自らの大統領としての適格性を主張しなければならない。

世論調査では、バイデン氏はトランプ氏をリードしており、討論会でのパフォーマンスが素晴らしければ、リードをさらに広げる可能性がある一方、出来が悪ければトランプ氏に追い上げを許すことになりかねない。

(3)トランプ氏の責任

新型コロナ関連の憂慮すべき数字や暴動に直面すると、トランプ氏は民主党の当局者、活動家、科学者など、自分以外の誰かの責任を追及する。バイデン氏は討論会で、トランプ氏こそが責任者であると国民に理解させることを目指す。

有権者は、大統領は良いことの責任も悪いことの責任も取るべきと考えている。

米バンダービルト大学のジョン・ギア教授(政治学)は、FOXニュースの司会者クリス・ウォレス氏の鋭く厳しい質問にトランプ氏が答えに詰まるかどうかを討論会の注目点に挙げた。

(4)事実の歪曲

選挙戦で示されたように、トランプ氏はうそを並べ立てることができる。米経済はコロナ前には過去最高水準で推移していた、コロナウイルスはほぼ消えた、などの発言は事実に基づかない。

だが専門家は、討論会でバイデン氏がトランプ氏の発言をいちいち事実確認しようとすれば、バイデン氏にとって不利益となる可能性があり、バイデン氏は自分の主張に専念すべきと忠告する。

(5)バイデン氏の試練

バイデン氏にとっては、相手の性格を攻撃しがちなトランプ氏への対応が課題だ。バイデン氏は選挙戦でいら立ちを示す姿がたびたび見られた。

トランプ氏は27日のツイートで、バイデン氏が討論会で運動能力向上薬を使う可能性を示唆。早くも攻撃を仕掛けている。

トランプ陣営は討論会でバイデン氏がいら立ちや迷いを示す場面を探し、宣伝ビデオに使おうとするだろう。

先のギア教授は、バイデン氏はたとえトランプ氏から個人攻撃を受けても、まともに取り合わず、大統領にふさわしい毅然とした態度を取り続ける必要があると指摘した。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米ギリアド、第3四半期売上高が予想上回る 通年見通

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者441

ワールド

米フィラデルフィア市が夜間外出禁止令、黒人射殺後の

ビジネス

トヨタ、リコール584万台に拡大 燃料ポンプ不具合

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 2

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 3

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインスタグラムが削除

  • 4

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 5

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 6

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 7

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 8

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 9

    白人っぽ過ぎ?「カレン」が人気急落

  • 10

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 7

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 8

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!