ニュース速報

ワールド

情報BOX:ナワリヌイ氏毒殺未遂に使用か、ノビチョクの正体

2020年09月03日(木)14時16分

9月2日、ドイツ政府が、ベルリンの病院で治療を受けているロシアの反体制派、アレクセイ・ナワリヌイ氏(写真)への襲撃に使われたと発表した神経剤「ノビチョク」は、1970年代から1980年代に旧ソ連で開発された。モスクワで2月撮影(2020年 ロイター/Shamil Zhumatov)

[ロンドン 2日 ロイター] - ドイツ政府が2日、ベルリンの病院で治療を受けているロシアの反体制派、アレクセイ・ナワリヌイ氏への襲撃に使われたと発表した神経剤「ノビチョク」は、1970年代から1980年代に旧ソ連で開発された。一体どのようなものなのか。

・名前はロシア語で「新参者」という意味。猛毒の神経ガスが用いられており、より有名なVXやサリンとは化学構成がやや異なる。

・ノビチョクは、VXやサリンの5─10倍の致死性があるとみられている。2018年に英国でロシアの元スパイとその娘が襲撃された事件で登場したが、それ以前に使用された例は見当たらない。

・ロシア政府はノビチョク、ないしその原材料について、オランダ・ハーグにある化学兵器禁止機関(OPCW)に正式に申告した形跡はない。

・いかなる化学物質であっても軍事目的で使用してはならないことは、1997年に発効した化学兵器禁止条約(CWC)で定められ、ロシアもこれに署名している。

・昨年11月にはOPWCがノビチョクを含めた規制対象の拡大を目的とする「特定禁止物質リスト」を改正することで合意し、今年6月7日に発効した。

・米国の化学兵器専門家、エイミー・スミスソン氏によると、ノビチョクは農薬の原料にもなる物質で組成されているため、製造に際して合法的な民間産業が隠れみのに利用された可能性もある。

・かつてロシアと米国は世界の2大化学兵器保有国だったが、ロシアは昨年、OPCWに化学兵器を全廃したと報告。米国は廃棄手続きの最終段階にある。

・ただ、1990年代にノビチョクの開発や試験の動きが明るみになったことで、米国は旧ソ連に密かに保有する化学兵器があり、OPCWに加盟した際に保有分を全て申告しなかったのではないかと疑っている。

・米国に拠点を置き、大量破壊兵器の脅威を減らす取り組みを行っている財団「核脅威イニシアチブ」が2014年にまとめた報告書に基づくと、ロシアは一時、ノビチョクやその関連物質に由来する化学兵器を何千トンも保有していたとみられている。

・英レディング大学で薬理学を専門とするゲーリー・スティーブンス教授は、ノビチョクの毒性は「心臓の働きを鈍らせるとともに気道をふさぎ、窒息状態に陥って死に至らしめる」と説明し、各原材料が禁止リストに含まれなかったことが、開発された主な理由の1つだとの見方を示した。

・英国は、2年前に南部ソールズベリーで、かつてロシアのスパイだったセルゲイ・スクリパル氏と娘のユリアさんに対して、ロシア側がノビチョクで毒殺を図ったと主張している。スクリパル氏とユリアさんは一命を取り留めたが、巻き添えで1人の英国人が亡くなった。ロシアは一貫して襲撃への関与を否定している。ソールズベリーでは除染や原状回復などの作業などの費用が数百万ポンドに上った。

*本文中の誤字を修正して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

韓国人男性射殺巡り北朝鮮に調査要請へ=韓国大統領府

ワールド

トランプ氏、最高裁判事に保守派バレット氏を指名意向

ビジネス

三菱自、希望退職500—600人規模募集へ 管理職

ワールド

焦点:ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 7

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 8

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 9

    新型コロナ感染で、パーキンソン病のリスクが高まる…

  • 10

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 6

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 10

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!