ニュース速報

ワールド

米・メキシコのNAFTA協議、自動車関税が新たな争点

2018年08月13日(月)08時07分

[ワシントン 10日 ロイター] - 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡る米国とメキシコの協議について、事情に詳しい自動車業界関係筋は10日、トランプ大統領が警告している自動車関税の影響で新たな争点が浮上していると明らかにした。

関係筋によると、米政権側は、トランプ大統領が安全保障を理由に通商拡大法232条に基づく25%の関税を発動した場合、新NAFTAによってメキシコの既存工場での生産分を関税の対象外とすることで基本的に合意しているという。

しかし、今後建設される新工場での生産分については関税の対象外とすることを拒んでいる。関税が適用されれば、メキシコの自動車業界への新規投資が抑制され、米国の利益につながるとみているという。

米国は自動車の原産地規則を巡り、域内調達比率の75%への引き上げに加え、40─45%の生産を高賃金の工場で行う案を5月に示しており、関係筋は、米国が移行期間をやや延ばすこと以外にはほとんど要求を変えていないことも明らかにした。

メキシコ側は、新たな原産地規則によって既存の工場や職が失われることがないよう保証を求めているほか、トランプ大統領が安全保障を理由に関税を発動した場合にメキシコを対象外とすることを要求しているという。

しかし、業界筋の1人によると、米政権は強硬姿勢を崩していない。

トランプ大統領は10日、ツイッターへの投稿で「メキシコとの取引はうまく進んでいる。自動車労働者や農家の問題に対処する必要があり、さもなければ合意は成立しない」とした上で、メキシコの次期大統領は「非常に紳士的」な対応をしているとの見方を示した。

カナダについては、NAFTA協議の再開を「待たなければならない。カナダの関税や貿易障壁は高過ぎる。合意に達しなければ関税を適用する!」と投稿した。

メキシコのグアハルド経済相は10日、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表との協議を週明けに再開すると明らかにした。

その上で、カナダが協議に復帰するまでに、依然として米国との間で解決すべき2国間問題が多数あると言明。3カ国間の協議再開は数日中かもしれないし、数週間かかるかもしれないとの見方を示した。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!