ニュース速報
ビジネス

午前の日経平均は続伸、ハイテク株堅調 一巡後は小動き

2024年06月19日(水)12時10分

 6月19日、午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比225円10銭高の3万8707円21銭と、続伸した。写真は都内にある東京証券取引所で2020年10月撮影(2024 ロイター/Issei Kato)

Hiroko Hamada

[東京 19日 ロイター] - 午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比225円10銭高の3万8707円21銭と、続伸した。前日の米市場でのハイテク株高を受けて半導体関連銘柄の一角がしっかりと推移し、指数を押し上げた。ただ、今晩は米国が休場予定で手掛けにくさも意識され、上昇一服後は小動きが続いた。

日経平均は前営業日171円高と底堅くスタート。その後、すぐに上げ幅を拡大し、前場序盤に315円高の3万8797円97銭で高値を付けた。ただ、買いの勢いは続かず次第に上げ幅を縮小し、前場後半にかけては3万8700円を挟んで一進一退の展開が続いた。

前日の米市場で、エヌビディアなどの半導体株が上昇しフィラデルフィア半導体指数(SOX指数)は最高値を記録した。この流れを受けて、日本株市場でもハイテク株の一角が堅調だった。セクター別では、株主還元策強化への思惑で保険などがしっかりだった。

市場では「欧州政治不安によるリスクオフムードも一服し、マーケット参加者の関心は引き続き企業業績へと向かっている」(野村証券のストラテジスト、澤田麻希氏)との見方が聞かれた。足元の日経平均は3万8000―3万9000円を中心としたレンジ相場となっているが、「製造業を中心に業績は堅調とみられているほか、東証の改革要請による株主還元策への期待も維持されている」(澤田氏)として、目先は徐々に下値を切り上げていくとの指摘もある。日経平均は3万9000円台でしっかりと値固めできるかが焦点となりそうだ。

TOPIXは0.72%高の2735.19ポイントで午前の取引を終了。東証プライム市場の売買代金は1兆6544億5900万円だった。東証33業種では、保険、銀行、輸送用機器など26業種が値上がり。海運、小売、石油・石炭製品など7業種は値下がりした。

個別では、三菱自動車工業が9%超高と大幅上昇。アドバンテスト、TDKは3%超高、ソフトバンクグループは2%超高だった。主力のトヨタ自動車は1%超高だった一方、東京エレクトロンは小幅安。

資生堂、トレンドマイクロはそれぞれ3%超安と軟調だった。

プライム市場の騰落数は、値上がり1125銘柄(68%)に対し、値下がりが468銘柄(28%)、変わらずが52銘柄(3%)だった。

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ネパールの首都で小型機が離陸に失敗し炎上、18人死

ビジネス

仏レミー・コアントロー、4─6月売上高が予想より大

ワールド

台湾金融市場、台風接近で24日休場 TSMCは通常

ビジネス

独消費者信頼感指数、8月は-18.4へ改善 所得期
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 8
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 9
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中