ニュース速報
ビジネス

ECB、大きな衝撃なければ近く利下げ 物価予想通り緩和=総裁

2024年04月17日(水)02時23分

4月16日、 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのレーン・フィンランド中銀総裁(写真)は、ECBが6月に利下げするとの見通しについて、エネルギー価格やインフレ率に悪影響を及ぼす地政学的状況にさらなる後退がないことを前提としていると述べた。ロンドンで2019年5月撮影(2024年 ロイター/Hannah McKay)

[フランクフルト/パリ/ヘルシンキ/ニューヨーク 16日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は16日、大きなサプライズがない限り、ECBは近いうちに金利を引き下げると述べた。

ラガルド総裁はCNBCに対し、インフレはECBの予測通りに緩和しているとし、中東情勢の緊迫で商品価格は今のところほとんど影響を受けていないと指摘。「われわれの予測通りにディスインフレが見られている」とし、「追加的な衝撃が発生しない限り、制約的な金融政策を緩和する時期が比較的近いうちに来る」と述べた。

ビルロワドガロー仏中銀総裁も訪問先のニューヨークで「大きな衝撃やサプライズがない限り、6月初めに最初の利下げを決定し、その後は現実的かつ機動的に段階的に金利を引き下げていくべきだ」と語った。

一方で中東情勢の緊張がエネルギー価格やインフレに長期的な影響を及ぼす場合、ECBは利下げペースを調整できる立場にあると指摘。そのペースは経済データの流れによって決まり、会合ごとに厳密に決定されるとした。

レーン・フィンランド中銀総裁は、ECBが6月に利下げするとの見通しについて、エネルギー価格やインフレ率に悪影響を及ぼす地政学的状況にさらなる後退がないことを前提としていると指摘。ECBは先週、6月の利下げに道を開いたが「これは例えば(中東やロシアの情勢など)地政学的な状況、従ってエネルギー価格に、さらなる後退がないことを前提としている」と述べた。

一部のECB当局者がすでに6月の利下げ後の追加利下げの必要性に言及していることについては「ECBは特定の金利にあらかじめ手を縛られることなく、最新の情報に照らして会合ごとに金利を決定する」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

テスラ上海工場、モデルY生産を2桁削減 需要低迷

ビジネス

ニデック、350億円の自己株取得枠 発行済み株式の

ビジネス

午後3時のドルは157円前半、3週ぶり高値圏で底堅

ビジネス

日経平均は反落、一時700円超安 米利下げ観測後退
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中