ニュース速報
ビジネス

第1四半期の中国GDPは予想上回る、3月指標は需要低迷を示唆

2024年04月16日(火)15時11分

 4月15日、中国国家統計局が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比5.3%増と、市場予想を上回った。写真は朝の通勤時間帯の北京のビジネス街の様子。2月撮影(2024 ロイター/Florence Lo)

Joe Cash Kevin Yao

[北京 16日 ロイター] - 中国国家統計局が16日発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比5.3%増と、市場予想を上回った。不動産や地方債務の問題が根強く残る中、景気支援策を講じてきた当局にとっては安心材料になりそうだ。

ただ、GDPと同時に発表された鉱工業生産や小売売上高など一連の3月指標は、内需低迷が全体的な経済成長を妨げていることを示した。

ロイターがまとめた市場予想は4.6%増だった。成長率は前期の5.2%から若干加速した。

前期比では1.6%増と、こちらも市場予想の1.4%増を上回った。

中国政府は2024年通年で5%前後の成長率目標を掲げるが、アナリストは野心的な水準とみている。

SMBC(シンガポール)のアジア・マクロ戦略責任者、ジェフ・ング氏は「成長率目標を達成する上でポジティブな内容だ」と指摘。その上で、「センチメントはまだ弱気に傾いていると思う。おそらく第4・四半期から、逆の動きが幾分見られるだろう」と語った。

ムーディーズ・アナリティクスのエコノミスト、ハリー・マーフィー・クルーズ氏は「第1・四半期の力強い成長率は中国の年間目標である5%前後の達成に大きく貢献する」と指摘。

鉱工業生産も四半期を通じて経済を支援したとしつつ、「3月のデータが弱かったことが懸念材料だ。家計支出の低迷も同様に懸念される」と述べた。

<3月指標は軟調>

不動産不況や地方の債務膨張、民間消費の弱さが足かせとなり、新型コロナウイルス禍後の景気回復はもたついている。今年は好調なスタートを切ったが、3月の輸出、消費者物価、銀行融資の統計は再び失速する可能性を示した。

この日発表された指標も内需低迷が続いていることを示した。

3月の鉱工業生産は前年比4.5%増加し、1─2月の7.0%増から鈍化。ロイターがまとめた市場予想の6.0%増を下回った。

3月の小売売上高は3.1%増。1─2月は5.5%増、市場予想は4.6%増だった。

1─3月の固定資産投資は前年比4.5%増。1─2月は4.2%増、市場予想は4.1%増だった。

RBCキャピタル・マーケッツのアジア通貨戦略責任者、アルビン・タン氏は「表面的にはヘッドラインの数字は良く見えるが実際のところ、勢いはかなり弱いと考える」と述べた。

第1・四半期のGDP統計を受け、ANZのエコノミストは24年の中国成長率予測を従来の4.2%から4.9%に引き上げたが、BBVAは4.8%に据え置いた。

多くの投資家は3月の指標が軟調だったことから、予想を上回ったGDP統計をうのみにしない姿勢を示しているようだ。

<課題>

投資家心理と需要が依然として弱い中、3月の指標は不動産セクターの問題の根深さを浮き彫りにした。

国家統計局データに基づくロイターの算出によると、3月の新築住宅価格は前年比2.2%下落し、15年8月以来の大幅な落ち込みとなった。

3月の不動産投資は前年比16.8%減少。1─2月の9.0%減からマイナス幅が拡大した。不動産販売も23.7%減と、1─2月の20.5%減から減少ペースが加速した。

消費よりも生産に多くの信用が流れ、経済の構造的欠陥が顕在化し金融政策手段の有効性が低下する中、当局は課題に直面していると一部のアナリストは指摘する。

BBVAリサーチのシニアエコノミスト、Jinyue Dong氏は「不動産市場の深い調整と地方政府の債務問題が依然として主要なリスクとなっており、景気回復はまだ強固な基盤を得ていない」とコメント。

「さらに、米大統領選を前にした米中対立を主な要因とする地政学リスクは当面続く見通しだ」と語った。

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

英CPI、4月は前年比+2.3% 予想ほど鈍化せず

ビジネス

中国人民銀、5月の融資拡大を金融機関に指示=関係筋

ビジネス

新発10年国債利回り1.0%に上昇、日銀正常化なら

ビジネス

S&P、ソフトバンクGの長期格付けを「BB+」に引
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 5

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 6

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 7

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「韓国は詐欺大国」の事情とは

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中