ニュース速報

ビジネス

アジア株式市場サマリー(13日)

2020年07月13日(月)19時59分

[13日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまちで引けた。マニラ市場の株価は、フィリピン国内で新型コロナウイルスによる1日の死者数が過去最多となったことを受け、下落した。

マニラ市場の主要株価指数PSEiの終値は0.40%安。フィリピン保健当局は13日、新型コロナ感染の可能性がある1万2000人の検査結果がまだ出ていないことを明らかにした上で、死者や感染者がさらに増える恐れがあると警告した。

ファースト・メトロ・アセット・マネジメントの債券ファンドマネジャー、ジェニファー・ロンボイ氏は「株式市場は、フィリピン政府が7月後半にマニラの都市封鎖措置についてどのような決定を下すのかを待っている状態で、バイアスは下向きにかかっている」と指摘した。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.81%安。バンコク市場のSET指数は0.60%安。

一方、ジャカルタ市場の総合株価指数は0.66%高。クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.92%高。

中国株式市場は、政府の景気下支えを好感し上昇。新興企業向けの創業板(チャイネクスト)指数は業績改善期待から約4年半ぶり高値を付けた。

上海総合指数<.SSEC>終値は59.9641ポイント(1.77%)高の3443.2863。

上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数<.CSI300>終値は99.828ポイント(2.10%)高の4852.961。

算出開始以来の大幅上昇を前週記録したチャイネクスト指数<.CHINEXTC>が引き続き上昇。4%高となり2015年11月26日以来の高値を付けた。年初来では61%上昇している。

香港市場もアジア各国市場に追随して反発して終了した。ただ午後遅くに中国政府が米要人への制裁を発表したことから高値からは押し戻されて引けた。

ハンセン指数<.HSI>終値は44.71ポイント(0.17%)高の25772.12。

ハンセン中国企業株指数(H株指数)<.HSCE>終値は34.62ポイント(0.33%)高の10575.88。

中国当局の景気支援策も地合いを押し上げた。中国人民銀の当局者は10日、経済支援策は結果を出しており、下半期には企業と雇用に対する金融支援を強化すると述べた。

シドニー株式市場は反発して引けた。新型コロナウイルス治療薬候補の臨床試験(治験)で有望な結果が出たことを受けてリスク選好が強まった。

米企業の決算発表を控え、大半の企業の業績が予想を上回るとの期待も支えとなった。  

S&P/ASX200指数の終値は前週末比0.98%高の5977.5。同指数は2月20日に付けた過去最高値から16.9%値下がりしている。  

米バイオ医薬品企業ギリアド・サイエンシズは抗ウイルス薬「レムデシビル」の後期治験で、コロナウイルスによる死亡率が著しく低下したと発表した。  

OANDA(オアンダ)のシニア市場アナリスト、ジェフリー・ハレー氏はノートで、今回期待できる結果を受けて「株式市場で、新型コロナウイルス危機への楽観的な見方が相次いだ」と分析した。  

ハレー氏はさらに「米国で第2四半期の決算発表が今週始まる。大手銀行が週内に決算を発表する。市場の乱高下が続くため、トレーディング収益は再び好調になると予想している」と述べた。  

鉱業株指数<.AXMM>は1.77%高。6.6%高の資源会社ギャラクシー・リソーシズと4.54%高の豪採掘企業IGOが上昇を主導した。

ソウル株式市場は反発。ギリアドの新型コロナウイルス治療薬の治験に関する前向きな分析が好感された。一方で、今週発表の企業決算と6月の中国貿易統計待ちのムードが強かった。

韓国関税庁の発表によると、7月1─10日の同国輸出は前年同期比1.7%減少した。しかし、対中国の輸出は同9.4%増、対米国は同7.3%増となった。

外国人投資家は1002億ウォン(約8348万ドル)相当の買い越し。

出来高は6億4152万株。取引された900銘柄のうち、608銘柄が上昇した。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!