ニュース速報

ビジネス

高値追う米株に危険信号も 目が離せない決算

2020年01月19日(日)10時10分

 今週相次ぐ米企業決算で、危険信号と受け止められるような数字が出れば株式市場に冷水を浴びせることになるとの警戒も。NY証券取引所で15日撮影(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 20日から始まる週の米株式市場はネットフリックスやインテル、テキサス・インスツルメンツ(TI)の決算発表に注目が集まる。2019年10─12月期の決算シーズンの行方を占う材料となるかもしれないが、危険信号と受け止められるような数字が出れば過去最高値を更新し続けている米株式市場に冷水を浴びせることになると警戒する投資家もいる。

S&P総合500種<.SPX>は今年、順調なスタートを切っており、年初からの上昇率は3%。米中貿易戦争がひとまず休戦となったことや低金利、明るい米経済見通しなどに後押しされている。

リフィニティブのプロプライエタリー・リサーチのアナリスト調査によると、米S&P総合500種指数<.SPX>採用企業の2019年第4・四半期利益は0.8%減少する見通し。エネルギーセクターを除くと、同利益は1.9%増加すると見込まれている。テクノロジー企業は0.6%の増益が見込まれている。

投資家が注目するのは、第4・四半期の業績だけでなく、各社の今後の見通しや投資計画だ。

第4・四半期の業績予想は、すでに発表された大手銀行などの決算を織り込む形で、足元で若干下方修正された。

ベアード(ミルウォーキー)の投資ストラテジスト、ウィリー・デルウィッチは「2019年に見られた上昇局面のほとんどは、2020年の企業業績改善を見込んでのものだった」と指摘、「第4・四半期の数字よりも注目されるのは、第1、第2・四半期の予想が修正されるか、どんな修正かということだ」と語った。

アップルやインテル、マイクロソフトなどで構成するS&P情報技術(IT)指数<.SPLRCT>が今年に入って米株式市場の上昇をけん引している。同指数は年初から6%近く上昇し、過去1年間では50%上げた。同指数の株価収益率(PER)22倍で、リフィニティブ・データストリームによると2005年初め以来の高水準だ。S&P総合500種のPERは18倍前後。

リフィニティブのデータによると、テクノロジー企業の2020年の増益率は10.4%の見通しで、S&P総合500種採用企業の予想増益率9.7%に2%ポイント寄与する。寄与度は各業種の中で最大となる。

21日の引け後に発表されるネットフリックスの決算では、ウォルト・ディズニーをはじめとするライバル社との競争激化にもちこたえているかを見極めることになる。ネットフリックスの株価は昨年、契約者数の伸び鈍化やコスト増大が嫌気されて急落した。ウォルト・ディズニーが動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」を開始した昨年4月以降、ネットフリックスの株価は8%近く下げた。対照的にウォルト・ディズニーの株価は同期間に24%急上昇している。ネットフリックスの株価は決算発表後に大きく振れる傾向があり、今回もそうなるかもしれない。

22日の引け後に発表されるテキサス・インスツルメンツの決算および同社幹部のコメントは、世界的な半導体業界の低迷が底を打ったかどうかを探る材料になる。半導体業界の回復が近いとの観測を背景に、フィラデルフィア半導体株指数<.SOX>は昨年年央から30%上昇している。

アナリストの予想平均(リフィニティブ調べ)では、同社の第4・四半期決算は3%増収、今年第1・四半期は7%の増収が見込まれている。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

アングル:サンダース氏がネバダで圧勝、民主指名争い

ワールド

サンダース氏がネバダで圧勝、バイデン氏2位 米民主

ワールド

お知らせ-重複記事を削除します

ワールド

ウイルス潜伏、中国で27日間の症例 想定より長い可

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

  • 3

    映画「パラサイト」に隠れている韓国のもう一つの「リアルさ」

  • 4

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    3年前に亡くなった7歳の娘と「再会」 韓国、VRを使った…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 9

    性的虐待への巨額賠償が、米ボーイスカウト連盟を破…

  • 10

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 5

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 6

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!