ニュース速報

ビジネス

KDDIとローソンが資本業務提携、ポイント・決済サービスを融合

2019年12月16日(月)21時38分

 12月16日、KDDIとローソンは、資本業務提携したと発表した。写真は都内で2017年12月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 16日 ロイター] - KDDI<9433.T>とローソン<2651.T>は16日、資本業務提携したと発表した。2020年5月以降、スマホ決済サービスの「auペイ」と、ローソンなどの共通ポイント「Ponta(ポンタ)」のサービスを連携させる。相互の会員基盤を生かしたデータマーケティングを推進するほか、先端テクノロジーを活用して新たなサービスを提供する考え。会員基盤は1億超になるという。

KDDIは、ローソンの発行済株式総数の2.1%に当たる普通株式211万株を市場で取得する予定。一方、ローソン親会社の三菱商事<8058.T>から、ポンタを運営するロイヤリティ・マーケティング(東京・渋谷区)の株式20%も取得する。三菱商事の出資比率は42.37%から22.37%に低下する。

本人認証やロケーション、ネット消費、ネット店舗といった情報をauが、リアルな消費やリアルな店舗の情報をローソンが、それぞれ持ち寄り、コンビニでの夜間の無人営業や食品ロスの低減など次世代型コンビニサービスの開発に生かす。

両社のポイントをポンタに統一し、両社の会員IDを連携させる。会見したロイヤリティ・マーケティングの長谷川剛社長は「国内最大級のポイントの経済圏が構築される」と述べた。相互のアプリにそれぞれポイントと決済の機能を実装して両者の融合を進めるほか、合同キャンペーンなどを進めて経済圏の拡大を図る。

ローソンにはNTTドコモも2.09%出資しており、会見したKDDIの高橋誠社長は「(ドコモより)少しだけ上の数字を目指す」と述べた。ローソンの竹増貞信社長は「ドコモとの提携もこれまで通り進める」とした。

*写真を差し替えました。

(平田紀之)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

WHO、新型肺炎で緊急宣言見送り 感染による死者1

ワールド

イスラエル首相、来週訪米 中東和平案協議の公算

ワールド

中国河北省で新型肺炎患者死亡、武漢以外で初 国内1

ワールド

独首相、5G業者選定は「多様化重要」 1社完全排除

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 4

    「ゴーンは無罪の可能性高い」元特捜部検事が語る

  • 5

    「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 8

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 9

    ヘンリー英王子夫妻、王室離脱後の「人生設計」は?

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 7

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    韓国の自動車が危ない?

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!