ニュース速報

ビジネス

中国固定資産投資、過去最低の伸び 鉱工業生産は予想上回る

2018年09月14日(金)18時40分

 9月14日、中国国家統計局が発表した1─8月の固定資産投資は前年同期比5.3%増と、伸び率が過去最低だった1─7月から一段と鈍化し、エコノミスト予想も下回った。提供写真(2018年 ロイター/China Daily)

[北京 14日 ロイター] - 8月の中国の経済指標は、内需が減速しており、政府の支援策の効果が表れるのは、なお時間を要するとの見方を裏付ける内容となった。

14日に発表された鉱工業生産と小売売上高は市場予想を上回ったものの、過去1週間に発表された他の経済指標は、大半が弱い内容だった。

ノムラはリポートで「中国経済全体が減速し続けており、今後数カ月、さらに深刻化する可能性がある」と指摘した。

ノムラや、その他の中国ウォッチャーは、今後数カ月に中国政府から景気支援策や米国との貿易戦争を克服するための施策がさらに打ち出されると予想している。しかし、高水準の債務を踏まえ、かつてほど景気をてこ入れする余地はない、との見方も一部から出ている。

<鉱工業生産と小売売上高は予想上振れ>

鉱工業生産と小売売上高は市場予想を上回る伸びとなり、数字上は、8月の指標の中で数少ない明るい材料を提供した。

しかし、エコノミストの大半は、事業環境がさらに悪化すると予想し、伸びは維持できないとみている。

8月の鉱工業生産は前年同月比6.1%増加、(予想は6.0%)、小売売上高は同9.0%増加した。アナリストの予想は、鉱工業生産が6.0%増加、小売売上高は8.8%増加だった。

ただ、鉱工業生産の内訳を見ると、自動車や輸送機器など主要産業では生産が減少した。乗用車の生産は小幅な増加にとどまり、粗鋼生産の伸びは7月の3分の1に減速した。

<投資は引き続き低調>

固定資産投資統計も、中国経済が一段と勢いを失っていることを示した。

1─8月の固定資産投資は前年同期比5.3%増。伸び率が過去最低だった1─7月から一段と鈍化し、エコノミスト予想も下回った。

ロイターの算出で8月の固定資産投資は前年比4.6%増だった。

1─8月のインフラ投資は4.2%増。1─7月の5.7%から伸びが鈍化した。

政府はここ数カ月、道路や鉄道などのインフラ事業の承認を加速しているが、アナリストは、インフラ建設が景気減速に歯止めをかけ始めるには、一定の時間が必要とみている。

国家統計局の報道官は、固定資産投資の伸びは安定化すると予想し、伸びの拡大は見込みづらいとの認識を示した。

1─8月の民間の固定資産投資は8.7%増。1─7月の8.8%から減速した。

また、国家統計局の発表に基づきロイターが算出した8月の不動産投資は前年同月比9.2%増で、7月の13.2%増から伸びが鈍化した。[nL3N1W02MB]

当局は不動産投機抑制の手を緩めていないが、今後、特に貿易戦争がエスカレートすれば、中国経済のリスクを著しく高める可能性がある。

<景気てこ入れ>

米国との貿易摩擦が深刻化し、当局は数カ月前から銀行システムに大量の資金を供給したり、銀行に中小企業向け融資の拡大を要請している。

中国の当局者は成長支援に政策の軸足を移しているが、アナリストは効果が表れるまでに時間がかかるとみている。また米国がより幅広い製品に関税を課せば、中国企業への打撃は一部しか緩和されないと指摘している。

中国政府高官は、過去の景気後退期のような大型の刺激策は打ち出さない考えを示しているが、多くのエコノミストは米国の関税措置拡大で景気が大きく減速した場合、当局は成長支援策の強化に乗り出す可能性があるとみている。

INGのアイリス・パン氏は、今年と来年の景気刺激策について、世界的な金融危機の際に中国が打ち出した措置と同規模になると予想する。

同氏は最近のリポートで「2018年末までに5兆元、19年前半にさらに5兆元の財政出動が見込まれる」とし、「合計約10兆元という規模は、(当時のGDP成長率を踏まえれば)2009年の4兆元の刺激策と同等の規模になる」と指摘した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

英国のラーブEU離脱担当相が辞任、メイ首相の離脱案

ワールド

焦点:米中の新冷戦、「ブレーキ役」担うマティス国防

ビジネス

中国発改委、自動車購入税減税を提案との報道否定

ビジネス

中国への海外直接投資、1─10月は前年比+3.3%

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 3

    沖縄の風俗街は「沖縄の恥部」なのか?

  • 4

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 5

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    「歴史の悪魔」を蘇らせるのはトランプ米大統領では…

  • 9

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 10

    官民あげて日本就職に取り組む韓国の最新事情 

  • 1

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあったのはドリアン2トン

  • 2

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 3

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 6

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!