ニュース速報

ビジネス

欧州市場サマリー(1日)

2017年12月02日(土)05時44分

[1日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 続落。トランプ米政権の先行きが不安視され、世界的にリスク回避志向が強まった。

ロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑を巡り、当時候補だったトランプ氏がフリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に対してロシアに接触するように命じたことをフリン氏が証言する姿勢であるとする報道が材料視された。

アクシトレーダーの首席市場アナリスト、ジェイムズ・ヒューズ氏は「問題は、これがどの程度トランプ政権に打撃を与えるか、またフリン氏が宣誓証言で他に何を言うかだ」と指摘する。

金融株がFT100種の最大の重しだった。FT350種銀行株指数<.FTNMX8350>は1.15%低下。米上院が税制改革法案の採決を延期したことが投資家の期待をくじいた。

ロンドン株式市場:[.LJP]

<欧州株式市場> 続落。

ロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑を巡りフリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が米連邦捜査局(FBI)に虚偽の供述をしたことを認めた。トランプ米大統領の指示でロシア側と接触したと供述する見通しだとの報道を受け、ドル安ユーロ高が進み、相場の重しとなった。また、トランプ大統領が減税政策を導入できるか、政治的混乱を乗り切ることができるかについて懐疑的な見方が広がった。

この日発表された11月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は17年ぶりの高水準となったものの、株式相場を押し上げる効果はなかった。

欧州株式市場:[.FJ]

<ユーロ圏債券> ドイツ国債利回りが約3カ月ぶり水準に下がり、1日の下げでは約1年ぶりの大きさとなる見通し。

米国のフリン前大統領補佐官がロシア側と連絡を取るよう、トランプ氏から指示を受けたと証言する用意があると、ABCニュースが伝え材料視された。

フリン氏は米連邦捜査局(FBI)に虚偽の供述をしたと認め、ロシアとトランプ政権の関係を巡る捜査に協力すると決断した理由について、「私の家族と国にとって最善の利益にかなう」と書面で語った。

みずほの金利ストラテジストは「仮に事実なら、トランプ政権の経済政策実行の可能性が下がると、市場は織り込むだろう」と予想した。

安全資産とされる国債に需要が集まった。域内最高格付けの債券利回りは終盤の取引で、7━9ベーシスポイント(BP)低下した。

ドイツ10年債利回りは7bp下がって0.29%と、9月8日以来の水準を記録した。直近で6.2bp低下した。

ユーロ圏金融・債券市場:[DE/BJ]

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米財務長官、追加コロナ対策で「前進」 下院は法案採

ワールド

米上院、12月11日までのつなぎ予算案可決 トラン

ワールド

ブラジル大統領、バイデン氏の熱帯雨林保護巡る発言に

ビジネス

石油精製マラソン、米国事業で12%の人員削減へ

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 9

    台湾の都市名に添えられた「中国」表記、EUの支援で「中…

  • 10

    トランプ巨額脱税疑惑、スキャンダルの本丸はその先…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!