ニュース速報

アジア株式市場サマリー:引け(11日)

2019年09月11日(水)20時05分

[11日 ロイター] - 中国株式市場は続落して終了した。米ホワイトハウス高官が早期の成果に慎重な見方を示したことが重しとなった。中国当局が金融市場の一段の自由化を発表したことについては、象徴的な意味合いが強いとみられ、市場は反応薄だった。

米ホワイトハウスのナバロ大統領補佐官(通商製造政策局長)は10日、米中が来月開催する見通しの通商協議について、「忍耐強く」状況を見守るべきだと語り、早期の成果に慎重な見方を示した。

中国国家外為管理局(SAFE)は、外国人投資家が中国本土の株式や債券に投資する際の資格制度である適格外国機関投資家(QFII)などの投資限度枠の撤廃を決めたと明らかにした。

市場では消費者関連やヘルスケアのディフェンシブ銘柄が下げを主導。生活必需品指数<.CSI000912>は3.86%安。酒造メーカーが特に下げた。

中国の酒類関連メディアはこの日、貴州茅台<600519.SS>の製品Feitianの価格が中秋節を控えて下落したと発表した。貴州茅台は4.8%安。1日の下落率としては4カ月ぶりの大きさとなった。

香港市場は不動産株と金融株主導で上昇し、8月初め以来の高値で引けた。中国が一部の米製品を報復関税の対象外としたことが地合いを後押しした。

中国財政省は11日、米国からの輸入品に対する追加報復関税について、16品目を免除の対象とすると声明で発表した。

米同時多発攻撃から18年を迎え、香港の抗議デモが中止されたことも支援材料となったもよう。

ソウル株式市場は6営業日続伸して引けた。貿易をめぐる米中の緊張緩和が背景。

総合株価指数(KOSPI)は週初からは2%近く上昇した。12ー13日のソウル市場は、祝日のため休場。週明け16日に再開する。

大韓航空傘下の格安航空ジンエアー<272450.KS>は、制裁を解除するよう求めたことを受け、規制が取り除かれるとの期待が強まったことから、5.6%上昇した。外国人投資家は2863億ウォン(約2億4039万ドル)相当の売り越し。

出来高は4億2172万株で、取引された892銘柄のうち、643銘柄が上昇した。

シドニー株式市場は小反発して引けた。鉱業と金融部門が堅調で、ハイテクや健康関連銘柄の下落を相殺した。

鉱業株指数<.AXMM>は1.4%高。中国が鉄鋼需要の底上げに向けて追加の景気刺激策を打ち出すとの期待感を背景に鉄鉱石価格が上昇し、地合いを強めた。

CMCマーケッツの市場ストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏は、リスク選好意欲の改善で安全資産に代わり、資源関連銘柄のような成長株に買いが入ったと指摘した。

金融株指数<.AXFJ>は0.6%上昇し、1カ月超ぶりの高水準で終了。四大銀行はいずれもプラス圏で取引を終えた。

一方、ハイテク株指数<.AXIJ>と健康関連株指数<.AXHJ>はそれぞれ1.6%安と1.2%安で、引き続き圧迫要因となった。

エネルギー株指数<.AXEJ>は一時上昇したが、その後下落に転じ、0.5%安で終えた。

(リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

新型ウイルス、まずは中国経済注視 必要なら追加緩和

ビジネス

中国人民銀、景気支援へ追加措置の用意 新型ウイルス

ワールド

新型ウイルス、韓国の感染者346人に急増 中国では

ビジネス

フランス格付け見通しを「安定的に」引き下げ=ムーデ

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とスキルの分離が組織を滅ぼす

  • 3

    韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に突撃取材した

  • 4

    「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    映画「パラサイト」に隠れている韓国のもう一つの「…

  • 9

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 10

    新型コロナウイルス、急拡大の背景に排泄物を介した…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 8

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!