コラム

ムラー報告書でロシア疑惑は晴れず、狂乱は大統領選まで続く

2019年05月02日(木)06時40分
ムラー報告書でロシア疑惑は晴れず、狂乱は大統領選まで続く

これで潔白が証明されたとトランプは主張しているが…… LUCAS JACKSONーREUTERS

<ロシア疑惑に関する特別検察官の報告書が公表されたが、その内容はトランプの司法妨害を認定したに等しい>

4月18日、ロシア疑惑を捜査していたロバート・ムラー特別検察官の捜査報告書がついに公表された。翌日は、キリスト教の聖金曜日。キリストがはりつけにされた受難を記念する日だ。

十字架で息を引き取る前にキリストが発した言葉は「全てが終わった」だったという。トランプ米大統領を擁護することに懸命なバー司法長官もこの報告書で「全てが終わった」と印象付けたいようだが、そうはいきそうにない。448ページに上る報告書に記された数々の事実は、トランプを苦しめ続けるだろう。

捜査の焦点は2つあった。1つは、トランプと陣営関係者が16年の大統領選に勝つためにロシアの情報機関と共謀したかどうか。もう1つは、トランプと陣営関係者が司法妨害を行ったかどうか。要するに、大統領選へのロシアの干渉についての捜査を妨げたかだ。

報告書によると、ムラーは、現職大統領を刑事起訴することはできないという司法省の方針を尊重していた。ムラーはその制約の下、トランプをロシア側との共謀で罪に問うには「証拠が不十分」だと結論付け、司法妨害については判断を避けた。

しかし、報告書には見過ごせない記述がある。司法妨害が全くなかったと断言できるのなら、そう明言しただろうが、捜査協力を拒むなどのトランプの行動により、そのような結論に到達することはできなかったと記されているのだ。

これは、司法妨害があったと遠回しに言っているに等しい。ムラーとしては、特別検察官の権限を逸脱するため、司法妨害の罪は問えないと感じた、というわけだ。

大統領弾劾の可能性は?

これで潔白が証明されたというのがトランプと共和党の主張だが、報告書を読むと、そのような結論は導き出せない。そこには、トランプと陣営関係者がロシア側と再三にわたり接触していたこと、トランプがあからさまに捜査を妨げようとしたことが繰り返し記されている。

大統領周辺がムラー解任などの指示を実行せず、トランプ自身も事情聴取を拒み続けたために、トランプは司法妨害の罪を問われずに済んだにすぎない。

有罪を勝ち取ることではなく、正確な情報を把握することが任務のCIAなど情報機関関係者の間では、トランプがロシアの情報機関と共謀し、捜査妨害をたびたび行ってきたことは、かなり前から常識だった。私が話を聞いた情報機関関係者は、一人残らず同じ認識を持っていた。

現職大統領を弾劾・罷免すべきかを判断できるのは、議会だけだ。議会は長大な報告書の内容を吟味し、トランプを無罪放免するか、それとも罷免すべきかを判断しなくてはならない。

つまり、今後の論争の舞台は議会に移る。野党の民主党は、捜査の継続を主張するだろう。一方、トランプを守りたい共和党は、報告書により潔白が立証されたと主張し、捜査を「魔女狩り」と非難するに違いない。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!