コラム

アメリカにとって「ケネディ」は別格の存在

2009年09月09日(水)12時00分

 民主党の鳩山由紀夫代表のことを「日本のケネディ」と評した外国のメディアがあります。これには日本国内で疑問の声も上がったのですが、おそらく「政治家を代々輩出している大金持ちの一族」の一員という意味で使ったのでしょう。

アメリカ人にとって、本物の「ケネディ」という名前は、やはり特別な響きを持ちます。本誌日本版の9月9日号の表紙はニュースがわかる世界の新常識」と謳っていますが、本誌(英語版)9月7日号の表紙は、「テディ」と呼ばれて愛された若き日のエドワード・ケネディの顔です。晩年のテディを見慣れた目から見ると、若きテディが、ジョンやロバートとそっくりの顔だったことに、改めて驚かされます。

本誌(英語版)では、ゆかりの人々の寄稿文がいくつも掲載されていますが、日本版は、2本の原稿だけ。ここに日米の(ジャーナリズムの)関心の度合いの差が出ています。

エドワード・ケネディが死の床に就いた後、「ニューズウィーク」編集部は、当然のことながら「死亡予定稿」を用意したことでしょう。そこに、何を書くべきか。蓋棺録(がいかんろく)は、書く人の力量が一段と問われます。

本誌ワシントン支局のエバン・トーマス記者は、「思慮の浅い金持ち息子。エドワード・ケネディは時に、その言葉どおりの男に見えた」と書き出しています。アメリカに愛された人物を追悼する記事の書き出しとしては、思い切った表現です。

 とはいえ、すぐに、こうも付け加えます。「その一方で、上院議員としてのエドワードは過去半世紀間、おそらく他のどの議員よりも貧しい者や虐げられた者に心を配った」と。

 そう、エドワード・ケネディは、いや、「ケネディ」一家は、ひとつの形容詞で形容しきれない存在なのです。トーマス記者は、こうも書きます。「エドワードの物語は」「罪と償い、勝利と悲劇の物語だ」と。

 ずば抜けて優秀な2人の兄の下で、ハーバード大学に入学したものの、1年生のときのスペイン語の試験でカンニングが発覚して2年間の停学処分。父はエドワードに、「おまえはカンニングができるほど賢くはない」と告げます。

 陸軍に入ったものの、父親の影響力のおかげで朝鮮戦争に送られることなく、パリのNATO最高司令部(当時)に送られます。

 ここまでは、なんだかジョージ・W・ブッシュ(息子)を彷彿させるような人生でした。

 しかし、兄ロバート・ケネディが暗殺された翌年、女性運動員を同乗させた車が海に転落。本人は、女性を助けることなく脱出し、警察に通報したのは9時間後というスキャンダルを引き起こします。

 かくして、2人の兄とは異なり、大統領選挙への道を閉ざされてからは、「ケネディ」家の一員としての名声を確保する政治的行動をとることになります。

 アメリカ国民にとっての「王室」のような「ケネディ」家。その一員の光と影は、人間ドラマに彩られるばかりでなく、記事を書く記者の見識と筆力をも問うものになっています。

プロフィール

池上彰

ジャーナリスト、東京工業大学リベラルアーツセンター教授。1950年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学卒業後、NHKに入局。32年間、報道記者として活躍する。94年から11年間放送された『週刊こどもニュース』のお父さん役で人気に。『14歳からの世界金融危機。』(マガジンハウス)、『そうだったのか!現代史』(集英社)など著書多数。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

  • 4

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 5

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 6

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 7

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 8

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

  • 9

    ドラマ『チェルノブイリ』、事実がまっすぐ伝えられ…

  • 10

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 1

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 9

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 10

    女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!