コラム

高級スーパー「ホールフーズ」を買収したアマゾンの野望とは?

2017年06月20日(火)16時00分
高級スーパー「ホールフーズ」を買収したアマゾンの野望とは?

「ホールフーズ」の買収でアマゾンは何を狙うのか?(写真は先月末ニューヨークにオープンしたアマゾンのリアル書店)

<オーガニック食品のスーパー「ホールフーズ」をアマゾンが買収したのは意外なニュースだが、アマゾンが最近アメリカにオープンしたリアル書店から、ある「野望」が窺える>

先週16日(金)、アマゾンが「ホールフーズ(Whole Foods)」を買収するというニュースが流れた。ホールフーズは、オーガニック食品の販売で知られるアメリカの高級スーパーマーケット・チェーンだ。

食品を取り扱う小売業は、流通と在庫にコストがかかり、価格競争が激しく、マージンが少ないために生き残りが難しい。ウォール街の投資家から常に収益を上げ、成長を続けるプレッシャーを与えられるアメリカでは、裕福な顧客に人気があるホールフーズでもそのプレッシャーからは逃れられない。今年2月には、収益で苦戦していることが伝えられていた

元はネット書店だったアマゾンが、それを承知で食料品販売のホールフーズを買収したことを意外に思う人は少なくなかった。

しかし、アマゾンはすでに「amazon fresh」というサービスで食料品の宅配業に手を広げている。月額14.99ドル(約1670円)のサービスに登録すれば、当日あるいは翌日の希望時間に食品を自宅に配達してくれる。40ドル以上購入すれば配達は無料というものだ(日本でも首都圏の一部でサービスを開始)。

amazon170620-whole01.jpg

アマゾンはすでに食料品のネット販売を開始している AmazonFresh

宅配サービスも含め、食料品ビジネスでは「最も短いルートで最も効率的に運び、在庫を最低に保つ」という流通システムが重要だ。アマゾンは、この買収で、ホールフーズがすでに編み出した精緻な流通システムを入手できる。

【参考記事】ISISが生んだ新時代の伝播型テロ

また、全米に展開するホールフーズの440店舗も手に入る。アメリカ在住の人ならよく知っていることだが、ホールフーズの店舗は、高級住宅地の周辺にある。新参企業が入り込みにくい場所であり、利用者はオーガニック野菜を含む健康的な食品にこだわる高所得層や若い世代だ。ホールフーズを入手することで、アマゾンは最も望ましい場所と顧客を手に入れることができる。

そのうえ、スーパーマーケット運営のノウハウと人材も一夜にして手に入れることができる。つまり、手探りで一からスタートして業界のトップに上り詰める手間をすっかり省けるというわけだ。

しかし、ホールフーズ買収の理由は、「ネットで宅配を始めた食料品販売に本腰を入れるため」とか「食料品販売業でも成功する」という小さな目標のためではないだろう。

アマゾンには、もっと大きな野望があるはずだ。

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。近著に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)。新著に『トランプがはじめた21世紀の南北戦争:アメリカ大統領選2016』(晶文社、2017年1月11日発売)。

ニュース速報

ビジネス

焦点:日銀は政策維持の公算、緩和長期化の副作用も議

ワールド

チリ大統領選、ピニェラ前大統領が勝利

ビジネス

トヨタ、25年までに全販売車種で電動車設定 エンジ

ワールド

仏大統領、来年3月までにEU改革案で独政府との合意

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 3

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日本の個人投資家

  • 4

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か …

  • 9

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!