コラム

3密回避? 大丈夫、日本には自動販売機がある!

2020年05月28日(木)16時50分

robbin0919-iStock.

<接触を避けるべきとされる今、日本の誇る「無人機械インフラ」は見直されていい。この国には、天ぷらうどんが買える自販機だってあるのだから>

緊急事態宣言が解除された今、国民が注意深く次の一歩を踏み出そうとしている――都道府県知事たちが見守る中。筆者も同様、どうにかしてこの仙人のような生活を止めたいところだ!

でも日本は、新規感染者数がゼロに近いところまで下がったギリシャやアイスランド、ジャマイカなど(5月27日現在)とちょっと違う現状にあるので、まだ慎重さが欠かせない。

比較的効率よく拡散を抑え込めたドイツだって、学校再開のタイミングで実効再生産数が節目の1をまた上回った。また、お隣の韓国でも、再び感染の急増が生じた。日本も、第二の波について考える前に、第一の波が長引くことをまず心配しなくてはならない。

よく考えたら、日本には巣ごもり自炊生活からのちょうどいい脱出方法がある。その名は、自動販売機。日本は数に関しても、売り上げに関しても、世界一。自動精算機などを入れると400万台以上の自動販売機があり、4兆7000億円以上の売り上げを立てている(2016年、日本自動販売機工業会発表)。

確かに、ここ数年はコンビニとの競合によって販売が圧迫されてきており、今年、外出自粛が広がったことで全体的に需要が落ち込んでいる。

しかし、他人との接触を避けるべきと言われる今、こういった無人機械は大いに注目されるべきだと思う。なんせ飲食店と違って、スタッフいらずの空間なので、「3密回避」とは相性がいい。利用者はほかの客との距離だけに気を付けていればいい。

とはいえ、外食手段として考えると、自動販売機はなかなか孤独だ。だから、ちょっと使い方を考えたい。

まず、一人で買いに行くのではなく、「コロナポッド(corona pod)」を作ってからにしよう。「コロナポッド」とは、いま話題になっている小さな仲間のグループ。「コロナウイルスに感染していない、あるいは感染していてもそれが周りへ伝染らないよう、自分と同じようにこまめに気を付けている」人たちのことだ。

筆者は、いま住んでいる界隈にちょうどそういう信頼できる良い隣人がいるので、その彼らを誘うことにする。

ただ、いくら仲のいい友達とはいえ、ジュース、コーヒー、ビール、水などを売っている、ごく普通な自動販売機まで足を運ぶ企画には頭を縦に振ってくれないだろう。だから、行き先をひと味違う機械にしたほうがいい。

プロフィール

トニー・ラズロ

ベストセラーとなったコミックエッセイ『ダーリンは外国人』(小栗左多里&トニー・ラズロ、メディアファクトリー)の主人公。1960年、米ニュージャージー州生まれ。1985年から日本を拠点にジャーナリスト、講師として活動する。著書に『ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し』『英語にあきたら多言語を!――ポリグロットの真実』『手に持って、行こう――ダーリンの手仕事にっぽん』など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

5月訪日外国人、19年比9.6%増 3カ月連続30

ビジネス

英CPI、5月は前年比+2.0%に鈍化 21年以来

ビジネス

中国不動産セクター、少数の強気派が楽観維持 目標株

ビジネス

トヨタ株主総会、豊田氏の再任賛成票比率71.93%
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story